ジェネレータ
PHP Manual

ジェネレータと Iterator オブジェクトとの比較

ジェネレータの最大のメリットは、シンプルに書けることです。 Iterator を実装するのに比べて、必要な決まり文句の数がかなり少なくなります。 また、ジェネレータを使ったコードのほうが、一般的に読みやすくなります。 たとえば、次の関数とクラスを比べてみましょう。これらはどちらも同じ働きをするものです。

<?php
function getLinesFromFile($fileName) {
    if (!
$fileHandle fopen($fileName'r')) {
        return;
    }
 
    while (
false !== $line fgets($fileHandle)) {
        yield 
$line;
    }
 
    
fclose($fileHandle);
}

// これを、下のクラスと比べてみると……

class LineIterator implements Iterator {
    protected 
$fileHandle;
 
    protected 
$line;
    protected 
$i;
 
    public function 
__construct($fileName) {
        if (!
$this->fileHandle fopen($fileName'r')) {
            throw new 
RuntimeException('Couldn\'t open file "' $fileName '"');
        }
    }
 
    public function 
rewind() {
        
fseek($this->fileHandle0);
        
$this->line fgets($this->fileHandle);
        
$this->0;
    }
 
    public function 
valid() {
        return 
false !== $this->line;
    }
 
    public function 
current() {
        return 
$this->line;
    }
 
    public function 
key() {
        return 
$this->i;
    }
 
    public function 
next() {
        if (
false !== $this->line) {
            
$this->line fgets($this->fileHandle);
            
$this->i++;
        }
    }
 
    public function 
__destruct() {
        
fclose($this->fileHandle);
    }
}
?>

しかし、柔軟性を実現するために犠牲にしていることもあります。 ジェネレータは前方にしか進めないイテレータなので、いったん反復処理が始まれば巻き戻すことができません。 これはつまり、同じジェネレータを何度も使い回せないということです。 ジェネレータ関数を呼んでもう一度作り直すか、 clone でクローンしないといけません。


ジェネレータ
PHP Manual

レンタルサーバー