簡易チュートリアル
PHP Manual

フォームの処理

PHP の最も強力な機能の一つは、HTML フォームを処理する手段です。 理解するべき重要な基本概念は、あるフォームの中の全てのフォーム要素が、 自動的に PHP スクリプトで利用可能になるということです。 詳細は、マニュアルのセクション 外部から来る変数 および PHP でフォームを使用する例を参照してください。以下に HTML フォームの例を示します。

例1 簡単な HTML フォーム

<form action="action.php" method="post">
 名前: <input type="text" name="name" />
 年齢: <input type="text" name="age" />
 <input type="submit" />
</form>

このフォームに関して特別なところはありません。これは通常の HTML フォームで特殊なタグは全く使用していません。 ユーザーがこのフォームを記入し、投稿ボタンを押した時、 action.php ページがコールされます。 このファイルには、以下のようなコードを記述します。

例2 フォームからのデータを出力する

こんにちは、<?php echo htmlspecialchars($_POST['name']); ?>さん。
あなたは、<?php echo (int)$_POST['age']; ?> 歳です。

このスクリプトの出力例は次のようになります。

こんにちは、Joe さん。あなたは、22 歳です。

htmlspecialchars() および (int) の部分以外は、何を行っているかは明らかでしょう。 htmlspecialchars() は、html での特殊な文字を適切にエンコードし、 HTML タグや Javascript をページ内に仕込めないようにします。 また、age フィールドには数値が入ることがわかっているので、これを integer 型に 変換 します。これにより、おかしな文字が入力されることを防ぎます。 これらの処理を PHP に自動的に行わせるためには、 filter 拡張モジュールを使用します。 変数 $_POST['name']$_POST['age'] は PHP により自動的に設定されます。 前の部分では、スーパーグローバル$_SERVER を使用しましたが、 ここでは、全ての POST データを保持するスーパーグローバル $_POST を導入しています。 フォームのメソッドが POST であることに注意してください。 GET メソッドを使用している場合、 フォームの情報は代わりにスーパーグローバル $_GET に代入されます。リクエストデータの発信源に留意しない場合には、 スーパーグローバル変数 $_REQUEST を使用することもできます。この変数は、GET, POST, COOKIE, FILE データの混ざったものが含まれます。

XForms の入力を PHP で扱うことも可能ですが、たいていの場合は HTML フォームのほうが快適に使用できるでしょう。 XForms は初心者向けのものではありませんが、気になる人もいるかもしれません。 機能概要の節にある XForm から受信したデータの処理方法 を参照ください。


簡易チュートリアル
PHP Manual

プラスアルファレンタルサーバー