SoapServer
PHP Manual

SoapServer::SoapServer

(PHP 5 >= 5.0.1)

SoapServer::SoapServerSoapServer コンストラクタ

説明

public SoapServer::SoapServer ( mixed $wsdl [, array $options ] )

このコンストラクタにより SoapServer オブジェクトを WSDL または非 WSDL モードで作成することが可能です。

パラメータ

wsdl

WSDL モードの場合、これに WSDL ファイルの URI を指定する必要があります。 その他の場合、NULL を指定し、uri オプションを設定する必要があります。

options

デフォルトの SOAP バージョン (soap_version), 内部の文字エンコーディング (encoding), アクターの URI (actor) を指定することができます。

classmap オプションにより、WSDL 型を PHP のクラスにマッピングすることが可能です。 このオプションには、キーとしてWSDL 型、値として PHP クラスの名前を持つ配列を指定する必要があります。

typemap オプションは、型マッピングの配列です。 この配列のキーは type_nametype_ns (名前空間 URI)、from_xml (引数として文字列をひとつ受け取るコールバック) そして to_xml (引数としてオブジェクトをひとつ受け取るコールバック) です。

cache_wsdl オプションは、 WSDL_CACHE_NONEWSDL_CACHE_DISKWSDL_CACHE_MEMORY あるいは WSDL_CACHE_BOTH のいずれかです。

その他には features というオプションもあり、 SOAP_WAIT_ONE_WAY_CALLSSOAP_SINGLE_ELEMENT_ARRAYSSOAP_USE_XSI_ARRAY_TYPE を設定することができます。

例1 SoapServer::SoapServer() の例

<?php

$server 
= new SoapServer("some.wsdl");

$server = new SoapServer("some.wsdl", array('soap_version' => SOAP_1_2));

$server = new SoapServer("some.wsdl", array('actor' => "http://example.org/ts-tests/C"));

$server = new SoapServer("some.wsdl", array('encoding'=>'ISO-8859-1'));

$server = new SoapServer(null, array('uri' => "http://test-uri/"));

class 
MyBook {
    public 
$title;
    public 
$author;
}

$server = new SoapServer("books.wsdl", array('classmap' => array('book' => "MyBook")));

?>

変更履歴

バージョン 説明
5.2.0 typemap オプションが追加されました。

参考


SoapServer
PHP Manual

レンタルサーバー