SimpleXMLElement
PHP Manual

SimpleXMLElement::__construct

(PHP 5 >= 5.0.1)

SimpleXMLElement::__construct 新しい SimpleXMLElement オブジェクトを作成する

説明

final public SimpleXMLElement::__construct ( string $data [, int $options = 0 [, bool $data_is_url = false [, string $ns = "" [, bool $is_prefix = false ]]]] )

新しい SimpleXMLElement オブジェクトを作成します。

パラメータ

data

整形式 XML 文字列。 もし data_is_urlTRUE の場合には、XML ドキュメントへのパスあるいは URL。

options

オプションで、追加の Libxml パラメータを指定するために使用します。

data_is_url

デフォルトでは data_is_urlFALSE です。 data が、文字列データではなく XML ドキュメントへのパスあるいは URL である場合に TRUE を使用します。

ns

名前空間プレフィックスあるいは URI。

is_prefix

ns がプレフィックスの場合は TRUE、 URI の場合は FALSE。デフォルトは FALSE

返り値

data を表す SimpleXMLElement オブジェクトを返します。

エラー / 例外

XML データ内でエラーが見つかるたびに E_WARNING エラーメッセージが発生します。さらに、XML データのパースに失敗した場合は例外をスローします。

ヒント

libxml_use_internal_errors() ですべての XML エラーを抑制し、 後から libxml_get_errors() で取得することもできます。

注意:

この例では example.php をインクルードしていますが、これは 基本的な使用法 の最初のサンプルにある XML 文字列を参照しています。

例1 SimpleXMLElement オブジェクトの作成

<?php

include 'example.php';

$sxe = new SimpleXMLElement($xmlstr);
echo 
$sxe->movie[0]->title;

?>

上の例の出力は以下となります。

PHP: Behind the Parser

例2 URL からの SimpleXMLElement オブジェクトの作成

<?php

$sxe 
= new SimpleXMLElement('http://example.org/document.xml'NULLTRUE);
echo 
$sxe->asXML();

?>

変更履歴

バージョン 説明
5.2.0 nsis_prefix が追加されました。
5.1.2 optionsdata_is_url が追加されました。

参考


SimpleXMLElement
PHP Manual

レンタルサーバー