Sessions
PHP Manual

セッションのアップロード状況

INI オプション session.upload_progress.enabled を有効にすると、アップロード中の個々のファイルの進捗状況を PHP で追えるようになります。 この情報は、アップロードのリクエスト自体にとっては特に有用ではありませんが、 ファイルのアップロード中にアプリケーションから別のエンドポイントに POST リクエストを (XHR などで) 送って状態をチェックできるようになります。

アップロードの状況は、アップロードの処理中にスーパーグローバル $_SESSION で取得できます。また、 INI オプション session.upload_progress.name で設定した名前でも POST されます。PHP 側では、この POST リクエストを検出すると $_SESSION 内の配列に値を格納します。配列のインデックスは、INI オプション session.upload_progress.prefixsession.upload_progress.name の値をつなげたものです。つまり、これらの INI 設定を読んで次のようにキーを取得することになります。

<?php
$key 
ini_get("session.upload_progress.prefix") . $_POST[ini_get("session.upload_progress.name")];
var_dump($_SESSION[$key]);
?>

現在進行中のファイルアップロードをキャンセルすることもできます。 キャンセルするには、$_SESSION[$key]["cancel_upload"]TRUE を設定します。複数のファイルをひとつのリクエストでアップロードしている場合は、 これでキャンセルできるのは現在進行中のアップロードとそれ以降にアップロードする予定だったファイルだけです。 既にアップロードが完了したファイルは削除されません。この方法でアップロードをキャンセルした場合、 $_FILES 配列のキー errorUPLOAD_ERR_EXTENSION が設定されます。

INI オプション session.upload_progress.freq および session.upload_progress.min_freq で、アップロードの進捗状況を再計算する頻度を制御します。 これらを適切に設定すれば、進捗状況の取得によるオーバーヘッドはほぼ無視できる程度になります。

例1 情報の例

アップロード進捗状況の配列の構造を示す例です。

<form action="upload.php" method="POST" enctype="multipart/form-data">
 <input type="hidden" name="<?php echo ini_get("session.upload_progress.name"); ?>" value="123" />
 <input type="file" name="file1" />
 <input type="file" name="file2" />
 <input type="submit" />
</form>

セッションに格納されるデータは、このようになります。

<?php
$_SESSION
["upload_progress_123"] = array(
 
"start_time" => 1234567890,   // リクエストされた時刻
 
"content_length" => 57343257// POST されたコンテンツの長さ
 
"bytes_processed" => 453489,  // 受信して処理済みのバイト数
 
"done" => false,              // POST ハンドラが (正常かどうかにかかわらず) 完了した場合に true
 
"files" => array(
  
=> array(
   
"field_name" => "file1",       // <input/> フィールドの name
   // 次の 3 つの要素は $_FILES と同じ内容です
   
"name" => "foo.avi",
   
"tmp_name" => "/tmp/phpxxxxxx",
   
"error" => 0,
   
"done" => true,                // POST ハンドラがこのファイルの処理を終えたときに true
   
"start_time" => 1234567890,    // このファイルの処理が始まった時刻
   
"bytes_processed" => 57343250// このファイルにおける、受信して処理済みのバイト数
  
),
  
// 同じリクエスト内で、まだアップロードが完了していない別のファイル
  
=> array(
   
"field_name" => "file2",
   
"name" => "bar.avi",
   
"tmp_name" => NULL,
   
"error" => 0,
   
"done" => false,
   
"start_time" => 1234567899,
   
"bytes_processed" => 54554,
  ),
 )
);

警告

ウェブサーバーのリクエストバッファリングを無効にしておかないと、うまく動作しません。 リクエストバッファリングが有効になっていると、PHP 側ではアップロードが完全に終わるまでアップロードされたことがわかりません。 たとえば Nginx などのサーバーは、大きなリクエストをバッファリングするようになっています。


Sessions
PHP Manual

プラスアルファレンタルサーバー