データベースのセキュリティ
PHP Manual

ストレージの暗号化

SSL/SSHによってクライアント/サーバー間で通信されるデータは保護されますが、 データベースに保存されたデータは保護されません。SSLはあくまで通信上の プロトコルなのです。

一旦アタッカーがデータベースへ(ウェブサーバーを通さずに)アクセスできてしまうと、 そこに格納されているデータ自体が暗号化されていない限り、自由に閲覧され、 使用されてしまいます。データを暗号化することによって、この脅威を減らすことが できますが、この機能をサポートしているデータベースは僅かです。

この問題への最も簡単な対応策は、まず自分専用の暗号化パッケージを作成し、 それをあなたのPHPスクリプトから使用することです。PHPMcrypt, Mhash といった幾つかの拡張モジュールは、様々な暗号化アルゴリズムをサポート しているので役に立つでしょう。データ格納時に暗号化を行い、取得時に 復号化します。この方法についてはリファレンスを参照してください。

もし完全にデータを隠したい場合や、元のデータ自体は必要ない場合(つまり 表示されない場合)は、ハッシュも考慮に入れたほうが良いでしょう。 ハッシュの良く知られた使用方法は、パスワードをそのまま格納せずに、 その暗号学的ハッシュ値を格納する方法です。crypt() も参照してください。

例1 ハッシュされたパスワードフィールドを使う

<?php

// ハッシュされたパスワードを格納する
// $random_chars retrieved e.g. using /dev/random
$query  sprintf("INSERT INTO users(name,pwd) VALUES('%s','%s');",
            
pg_escape_string($username),
            
pg_escape_string(crypt($password'$2a$07$' $random_chars '$')));
$result pg_query($connection$query);

// パスワードが正しいかどうか問い合わせる
$query sprintf("SELECT pwd FROM users WHERE name='%s';",
            
pg_escape_string($username));
$row pg_fetch_assoc(pg_query($connection$query));

if (
$row && crypt($password$row['pwd']) == $row['pwd']) {
    echo 
'Welcome, ' htmlspecialchars($username) . '!';
} else {
    echo 
htmlspecialchars($username) . 'の認証が失敗しました。';
}

?>

データベースのセキュリティ
PHP Manual

レンタルサーバー