定義済の変数
PHP Manual

$GLOBALS

(PHP 4, PHP 5, PHP 7)

$GLOBALSグローバルスコープで使用可能なすべての変数への参照

説明

スクリプトのグローバルスコープに現在定義されているすべての変数への参照を含む連想配列です。 変数名が配列のキーとなります。

例1 $GLOBALS の例

<?php
function test() {
    
$foo "local variable";

    echo 
'$foo in global scope: ' $GLOBALS["foo"] . "\n";
    echo 
'$foo in current scope: ' $foo "\n";
}

$foo "Example content";
test();
?>

上の例の出力は、 たとえば以下のようになります。

$foo in global scope: Example content
$foo in current scope: local variable

注意

注意:

これは 'スーパーグローバル' あるいは自動グローバル変数と呼ばれるものです。 スクリプト全体を通してすべてのスコープで使用することができます。 関数やメソッドの内部で使用する場合にも global $variable; とする必要はありません。

注意: 変数の可用性

他のスーパーグローバル とは異なり、$GLOBALS は PHP で常に使用可能です。


定義済の変数
PHP Manual

プラスアルファレンタルサーバー