PDO ドライバ
PHP Manual

ODBC および DB2 関数 (PDO_ODBC)

はじめに

PDO_ODBC は PHP Data Objects (PDO) インターフェイスを実装したドライバで、 PHP から ODBC ドライバあるいは IBM DB2 Call Level Interface (DB2 CLI) ライブラリを使用した データベースへのアクセスが可能となります。 PDO_ODBC は、現在 3 種類のデータベースドライバをサポートしています。

ibm-db2

フリーの DB2 express-C クライアントを使用した、 IBM DB2 Universal Database、Cloudscape および Apache Derby サーバーへのアクセスをサポートします。

unixODBC

unixODBC ドライバマネージャおよびデータベースごとの ODBC ドライバを使用した、データベースサーバーへのアクセスをサポートします。

generic

PDO_ODBC が明示的にサポートしていない ODBC ドライバマネージャのためのコンパイルオプションを提供します。

Windows では、php_pdo_odbc.dll をエクステンションとして php.ini で有効にする必要があります。 これは Windows ODBC ドライバマネージャに対してリンクされており、 システムの DSN に登録されているあらゆるデータベースに対して PHP から接続することができます。Microsoft SQL Server データベースに接続する際には、このドライバの使用を推奨します。

インストール手順

UNIX システムでの PDO_ODBC
  1. PHP 5.1 では、PDO_ODBC は PHP ソースの中に含まれています。 PDO_ODBC 拡張モジュールを静的モジュールあるいは共有モジュールとして コンパイルするには次のような configure コマンドを実行します。

    ibm_db2

    ./configure --with-pdo-odbc=ibm-db2,/opt/IBM/db2/V8.1/
    
    PDO_ODBC を ibm-db2 形式でビルドするには、PDO_ODBC をコンパイルするのと同じマシンに DB2 アプリケーション開発用ヘッダが インストールされていなければなりません。DB2 アプリケーション開発ヘッダは DB2 サーバーのインストールオプションに 含まれており、また IBM developerWorks の » Web サイト からフリーでダウンロードできる DB2 Application Development Client にも含まれています。

    configure コマンドに DB2 ライブラリおよび ヘッダの場所を指定しなかった場合は、PDO_ODBC はデフォルトとして /home/db2inst1/sqllib を使用します。

    unixODBC

    ./configure --with-pdo-odbc=unixODBC,/usr/local
    
    configure コマンドに unixODBC ライブラリおよび ヘッダの場所を指定しなかった場合は、PDO_ODBC はデフォルトとして /usr/local を使用します。

    generic
    ./configure --with-pdo-odbc=generic,/usr/local,libname,ldflags,cflags
    

実行時設定

php.ini の設定により動作が変化します。

PDO_ODBC 設定オプション
名前 デフォルト 変更可能 変更履歴
pdo_odbc.connection_pooling "strict" PHP_INI_ALL PHP 5.1.0 以降で使用可能です。
pdo_odbc.db2_instance_name NULL PHP_INI_SYSTEM PHP 5.1.1 以降で使用可能です。この非推奨の機能は、きっと 将来 削除 されるでしょう。
PHP_INI_* モードの詳細および定義については どこで設定を行うのか を参照してください。

以下に設定ディレクティブに関する 簡単な説明を示します。

pdo_odbc.connection_pooling string

ODBC 接続のプール方法を指定します。"strict""relaxed" あるいは "off" ("" と同じ) のいずれかです。このパラメータは、 プールされている既存の接続との比較をどの程度厳密に行うのかを 接続マネージャに指定します。 strict は推奨されているデフォルト設定で、 接続パラメータが完全に一致する場合にのみ既存の接続を使用します。 relaxed は、接続パラメータが似ている場合に 既存の接続を使用します。これはキャッシュの再利用率を高めますが、 (例えば) 仮想ホスト間での接続情報がおかしくなってしまう恐れがあります。

この設定は php.ini ファイルでのみ変更可能で、 その内容はプロセス全体に影響します。同じ ODBC ライブラリを使用している すべてのモジュール、たとえば Unified ODBC 拡張モジュール などが影響を受けます。

警告

relaxed を共有サーバーで使用してはいけません。 これはセキュリティの問題があるためです。

ヒント

どうしても変更する必要がない限り、この設定はデフォルトの strict のままにしておきましょう。

pdo_odbc.db2_instance_name string

db2 方式で PDO_ODBC をコンパイルした場合、 Linux および UNIX 上で DB2 インスタンスを指定するための環境変数 DB2INSTANCE の値を設定します。これによって PDO_ODBC が DB2 ライブラリの場所を見つけられるようになり、 DB2 データベースへのカタログ接続が可能になります。

この設定は php.ini ファイルでのみ変更可能で、 その内容はプロセス全体に影響します。同じ ODBC ライブラリを使用している すべてのモジュール、たとえば Unified ODBC 拡張モジュール などが影響を受けます。

この設定は、Windows 上では何の意味も持ちません。

目次


PDO ドライバ
PHP Manual

プラスアルファレンタルサーバー