QuickHashStringIntHash
PHP Manual

QuickHashStringIntHash::delete

(バージョン情報なし。おそらく SVN 版にしか存在しないでしょう)

QuickHashStringIntHash::deleteエントリをハッシュから削除する

説明

public bool QuickHashStringIntHash::delete ( string $key )

このメソッドはエントリをハッシュから削除し、削除できたかどうかを返します。 関連づけられていたデータのメモリはその場では解放されず、 ハッシュ自体を解放するときに同時に解放されます。

ハッシュをイテレータで利用しているときには要素を削除できません。 このメソッドは例外をスローせず、単に FALSE を返すだけなので、 その他の理由で削除に失敗したときと同じようになります。

パラメータ

key

削除するエントリのキー。

返り値

エントリが削除されたときに TRUE、削除されなかったときに FALSE を返します。

例1 QuickHashStringIntHash::delete() の例

<?php
$hash 
= new QuickHashStringIntHash1024 );
var_dump$hash->exists'four' ) );
var_dump$hash->add'four') );
var_dump$hash->get'four' ) );
var_dump$hash->delete'four' ) );
var_dump$hash->exists'four' ) );
var_dump$hash->get'four' ) );
var_dump$hash->delete'four' ) );
?>

上の例の出力は、 たとえば以下のようになります。

bool(false)
bool(true)
int(5)
bool(true)
bool(false)
bool(false)
bool(false)


QuickHashStringIntHash
PHP Manual

レンタルサーバー