PDOStatement
PHP Manual

PDOStatement::getColumnMeta

(PHP 5 >= 5.1.0, PHP 7, PECL pdo >= 0.2.0)

PDOStatement::getColumnMeta 結果セットのカラムに対するメタデータを返す

説明

public array PDOStatement::getColumnMeta ( int $column )

結果セットの 0 から始まるカラムに対するメタデータを連想配列で取得します。

警告

PDO ドライバの全てが PDOStatement::getColumnMeta(). をサポートしているわけではありません。

以下のドライバがこのメソッドをサポートします。

パラメータ

column

結果セットの 0 から始まるカラムを指定します。

返り値

1つのカラムについてのメタデータに相当する次の値を含んだ連想配列を返します。

カラムのメタデータ
名前
native_type カラム値を表現するために使用される PHP のネイティブ型
driver:decl_type データベースにおけるカラム値を表現するために使用される SQL 型。 もし、結果セットのカラムが関数から返される場合、 この値は PDOStatement::getColumnMeta(). よって返されません。
flags このカラムにセットされているあらゆるフラグ
name データベースによって返されるこのカラムの名前
table データベースによって返されるこのカラムのテーブル名
len カラム長。浮動小数点数以外の型については通常 -1 となる。
precision カラムの数値精度。浮動小数点数以外の型については通常 0 となる。
pdo_type PDO::PARAM_* 定数 によって表現されるカラムの型

要求されたカラムが結果セットに存在しない、 もしくは結果セットが存在しない場合、FALSE を返します。

変更履歴

バージョン 説明
5.4.0 PDO_DBLIB ドライバのサポートが追加されました
5.2.3 table フィールド

例1 カラムのメタデータを取得する

以下の例は、PDO_SQLITE ドライバでの関数 (COUNT) によって生成された単一のカラムに対するメタデータの 取得結果を表示します。

<?php
$select 
$DB->query('SELECT COUNT(*) FROM fruit');
$meta $select->getColumnMeta(0);
var_dump($meta);
?>

上の例の出力は以下となります。

array(6) {
  ["native_type"]=>
  string(7) "integer"
  ["flags"]=>
  array(0) {
  }
  ["name"]=>
  string(8) "COUNT(*)"
  ["len"]=>
  int(-1)
  ["precision"]=>
  int(0)
  ["pdo_type"]=>
  int(2)
}

参考


PDOStatement
PHP Manual

プラスアルファレンタルサーバー