PDO
PHP Manual

PDO::quote

(PHP 5 >= 5.1.0, PHP 7, PECL pdo >= 0.2.1)

PDO::quote クエリ用の文字列をクオートする

説明

public string PDO::quote ( string $string [, int $parameter_type = PDO::PARAM_STR ] )

PDO::quote() は入力文字列のまわりに引用符を付け (必要であれば) 、 入力文字列にあるシングルクオートをエスケープします。その場合、 構成しているドライバに適したクオート形式が使用されます。

この関数を SQL の構築に使用する場合、 SQL ステートメントにユーザーの入力値を埋め込むための PDO::quote() を使用する代わりに、 バインドパラメータを用いて SQL を準備するための PDO::prepare() を使用することが強く推奨されます。 バインドパラメータを用いるプリペアドステートメントは、 補間されたクエリした場合に比べ、 移植性や利便性に優れ、SQL インジェクションに対する免疫力を持つだけでなく しばしばより高速で、サーバーやクライアント側でコンパイル済みの形式でクエリを キャッシュする事が可能です。

全ての PDO ドライバがこのメソッドを実装しているわけではありません (たとえば PDO_ODBC などの例があります)。 代わりにプリペアドステートメントを使用することを検討してください。

警告

セキュリティ: デフォルトの文字セット

サーバーレベルで設定するなりデータベース接続自身に設定させる (ドライバに依存します) なりして、 文字セットを明示しておく必要があります。この文字セットが PDO::quote() に影響を及ぼします。詳細は 各ドライバのドキュメント を参照ください。

パラメータ

string

クオートされる文字列を指定します。

parameter_type

クオートするスタイルを変更するため、 ドライバにデータ型のヒントを提供します。

返り値

理論上安全なクオートされた SQL ステートメントの文字列を返します。 ドライバがこの方法での引用符付けをサポートしていない場合は FALSE を返します。

例1 通常の文字列をクオートする

<?php
$conn 
= new PDO('sqlite:/home/lynn/music.sql3');

/* 単純な文字列 */
$string 'Nice';
print 
"Unquoted string: $string\n";
print 
"Quoted string: " $conn->quote($string) . "\n";
?>

上の例の出力は以下となります。

Unquoted string: Nice
Quoted string: 'Nice'

例2 危険な文字列をクオートする

<?php
$conn 
= new PDO('sqlite:/home/lynn/music.sql3');

/* 危険な文字列 */
$string 'Naughty \' string';
print 
"Unquoted string: $string\n";
print 
"Quoted string:" $conn->quote($string) . "\n";
?>

上の例の出力は以下となります。

Unquoted string: Naughty ' string
Quoted string: 'Naughty '' string'

例3 複雑な文字列をクオートする

<?php
$conn 
= new PDO('sqlite:/home/lynn/music.sql3');

/* 複雑な文字列 */
$string "Co'mpl''ex \"st'\"ring";
print 
"Unquoted string: $string\n";
print 
"Quoted string: " $conn->quote($string) . "\n";
?>

上の例の出力は以下となります。

Unquoted string: Co'mpl''ex "st'"ring
Quoted string: 'Co''mpl''''ex "st''"ring'

参考


PDO
PHP Manual

プラスアルファレンタルサーバー