PDO
PHP Manual

PDO::query

(PHP 5 >= 5.1.0, PHP 7, PECL pdo >= 0.2.0)

PDO::query SQL ステートメントを実行し、結果セットを PDOStatement オブジェクトとして返す

説明

public PDOStatement PDO::query ( string $statement )
public PDOStatement PDO::query ( string $statement , int $PDO::FETCH_COLUMN , int $colno )
public PDOStatement PDO::query ( string $statement , int $PDO::FETCH_CLASS , string $classname , array $ctorargs )
public PDOStatement PDO::query ( string $statement , int $PDO::FETCH_INTO , object $object )

PDO::query() は、一回の関数コールの中で SQL ステートメントを実行し、このステートメントにより返された 結果セット (ある場合) を PDOStatement オブジェクトとして返します。

複数回発行する必要があるステートメントの場合、 PDO::prepare() で PDOStatement ステートメントを準備し、 PDOStatement::execute() でそのステートメントを 複数回発行する方がより良いパフォーマンスを得られると実感するでしょう。

PDO::query() を次にコールする前に 結果セット内の全てのデータを取得しない場合、そのコールは失敗します。 PDOStatement::closeCursor() をコールし、 次に PDO::query() をコールする前に PDOStatement オブジェクトに関連付けられたリソースを解放してください。

注意:

この関数はパラメータをひとつだけしかとらないと記述されていますが、 追加のパラメータを渡すことも可能です。これらのパラメータは、 返される結果のオブジェクトに対して PDOStatement::setFetchMode() をコールするのと同じような扱いになります。

パラメータ

statement

準備、発行する SQL ステートメント。

クエリ内のデータは 適切にエスケープ する必要があります。

返り値

PDO::query() は、PDOStatement オブジェクトを返します。 失敗した場合は FALSE を返します。

例1 PDO::query の例

PDO::query() の優れた機能は、 実行に成功したSELECTステートメントにより返されたレコードセットで 反復処理が可能であることです。

<?php
function getFruit($conn) {
    
$sql 'SELECT name, color, calories FROM fruit ORDER BY name';
    foreach (
$conn->query($sql) as $row) {
        print 
$row['name'] . "\t";
        print 
$row['color'] . "\t";
        print 
$row['calories'] . "\n";
    }
}
?>

上の例の出力は以下となります。

apple   red     150
banana  yellow  250
kiwi    brown   75
lemon   yellow  25
orange  orange  300
pear    green   150
watermelon      pink    90

参考


PDO
PHP Manual

プラスアルファレンタルサーバー