PDO
PHP Manual

PDO::prepare

(PHP 5 >= 5.1.0, PHP 7, PECL pdo >= 0.1.0)

PDO::prepare 文を実行する準備を行い、文オブジェクトを返す

説明

public PDOStatement PDO::prepare ( string $statement [, array $driver_options = array() ] )

PDOStatement::execute() メソッドによって実行される SQL ステートメントを準備します。 SQL ステートメントは、文が実行されるときに実際の値に置き換えられる 0 個もしくはそれ以上の名前 (:name) もしくは疑問符 (?) パラメータマークを含むことができます。 名前と疑問符パラメータを同一 SQL ステートメント中で使用することはできません。 どちらか一方か、他のパラメータ形式を使用してください。 ユーザーの入力をバインドする際にはこれらのパラメータを使います。 ユーザーの入力を直接クエリに含めてはいけません。

PDOStatement::execute() をコールする際には、 文に渡すパラメータにはそれぞれ固有のパラメータマークを設定する必要があります。 エミュレーションモードが有効になっていない限り、 ひとつのプリペアドステートメントの中で、同じ名前のパラメータマークを 複数使用することはできません。

注意:

パラメータマーカーが表せるのは、データリテラルだけです。 リテラルの一部やキーワード、識別子、その他のクエリのパーツをパラメータにバインドすることはできません。 たとえば、SQL 文の IN() 句などで、 ひとつのパラメータに複数の値を割り当てることはできません。

異なるパラメータを用いて複数回実行されるような文に対し PDO::prepare()PDOStatement::execute() をコールすることで、 ドライバがクライアントまたはサーバー側にクエリプランやメタ情報を キャッシュさせるよう調整するため、 アプリケーションのパフォーマンスを最適化します。また、 パラメータに手動でクオートする必要がなくなるので SQL インジェクション攻撃から保護する助けになります。

PDO は元々この機能をサポートしていないドライバに対して プリペアドステートメントとバインドパラメータをエミュレートします。 このため、ある形式をサポートしているがその他の形式をサポートしていない ドライバの場合、名前もしくは疑問符形式のパラメータを他の適当な値に 書き換えることも可能です。

パラメータ

statement

これは対象のデータベースサーバーに対して有効な SQL 文のテンプレートでなければなりません。

driver_options

この配列は、このメソッドによって返される PDOStatement オブジェクトに対して 1 もしくはそれ以上の key=>value の組を含みます。 通常、スクロール可能なカーソルを要求するために PDO::ATTR_CURSORPDO::CURSOR_SCROLL を設定する場合に使用することになるでしょう。 いくつかのドライバには、準備する際に利用可能なドライバ固有の オプションがあります。

返り値

もしデータベースサーバーが正常に文を準備する場合、 PDO::prepare()PDOStatement オブジェクトを返します。 もしデータベースサーバーが文を準備できなかった場合、 PDO::prepare()FALSE を返すか PDOException を発行します (エラー処理 の方法に依存します)。

注意:

プリペアドステートメントをエミュレートする際にデータベースサーバーとの通信は行いません。 したがって PDO::prepare() はステートメントのチェックを行いません。

例1 名前付きパラメータを用いて SQL ステートメントを準備する

<?php
/* 値の配列を渡してプリペアドステートメントを実行する */
$sql 'SELECT name, colour, calories
    FROM fruit
    WHERE calories < :calories AND colour = :colour'
;
$sth $dbh->prepare($sql, array(PDO::ATTR_CURSOR => PDO::CURSOR_FWDONLY));
$sth->execute(array(':calories' => 150':colour' => 'red'));
$red $sth->fetchAll();
$sth->execute(array(':calories' => 175':colour' => 'yellow'));
$yellow $sth->fetchAll();
?>

例2 疑問符パラメータを用いて SQL ステートメントを準備する

<?php
/* 値の配列を渡してプリペアドステートメントを実行する */
$sth $dbh->prepare('SELECT name, colour, calories
    FROM fruit
    WHERE calories < ? AND colour = ?'
);
$sth->execute(array(150'red'));
$red $sth->fetchAll();
$sth->execute(array(175'yellow'));
$yellow $sth->fetchAll();
?>

参考


PDO
PHP Manual

プラスアルファレンタルサーバー