mysqli
PHP Manual

mysqli::query

mysqli_query

(PHP 5)

mysqli::query -- mysqli_queryデータベース上でクエリを実行する

説明

オブジェクト指向型

mixed mysqli::query ( string $query [, int $resultmode = MYSQLI_STORE_RESULT ] )

手続き型

mixed mysqli_query ( mysqli $link , string $query [, int $resultmode = MYSQLI_STORE_RESULT ] )

データベースに対してクエリ query を実行します。

DML (INSERT、UPDATE あるいは DELETE) 以外のクエリについては、 この関数は mysqli_real_query() に続けて mysqli_use_result() あるいは mysqli_store_result() をコールすることと同等です。

注意:

サーバーの max_allowed_packet よりも長いステートメントを mysqli_query() に渡した場合、 返ってくるエラーコードは MySQL Native Driver (mysqlnd) を使っているか MySQL Client Library (libmysqlclient) を使っているかで異なります。 それぞれ、次のように振る舞います。

  • Linux 上の mysqlnd では、エラーコード 1153 を返します。 エラーメッセージは "got a packet bigger than max_allowed_packet bytes" です。

  • Windows 上の mysqlnd では、エラーコード 2006 を返します。 エラーメッセージは "server has gone away" です。

  • すべてのプラットフォームの libmysqlclient では、エラーコード 2006 を返します。エラーメッセージは "server has gone away" です。

パラメータ

link

手続き型のみ: mysqli_connect() あるいは mysqli_init() が返すリンク ID。

query

クエリ文字列。

クエリ内のデータは 適切にエスケープ. する必要があります。

resultmode

定数 MYSQLI_USE_RESULT あるいは MYSQLI_STORE_RESULT で、望みの挙動を指定します。 デフォルトでは MYSQLI_STORE_RESULT を使用します。

MYSQLI_USE_RESULT を使用すると、 mysqli_free_result() をコールするまでは それ以降のコールはすべて Commands out of sync エラーを返します。

MYSQLI_ASYNC (mysqlnd で使用可能) を使用すると、クエリを非同期実行できるようになります。 このクエリの結果を取得するには mysqli_poll() を使用します。

返り値

失敗した場合に FALSE を返します。 SELECT, SHOW, DESCRIBE あるいは EXPLAIN が成功した場合は、mysqli_query()mysqli_result オブジェクトを返します。それ以外のクエリが成功した場合は、 mysqli_query()TRUE を返します。

変更履歴

バージョン 説明
5.3.0 非同期クエリ機能が追加されました。

例1 mysqli::query() の例

オブジェクト指向型

<?php
$mysqli 
= new mysqli("localhost""my_user""my_password""world");

/* 接続状況をチェックします */
if ($mysqli->connect_errno) {
    
printf("Connect failed: %s\n"$mysqli->connect_error);
    exit();
}

/* テーブルを作成します。これは結果セットを返しません */
if ($mysqli->query("CREATE TEMPORARY TABLE myCity LIKE City") === TRUE) {
    
printf("Table myCity successfully created.\n");
}

/* Select クエリを実行します。これは結果セットを返します */
if ($result $mysqli->query("SELECT Name FROM City LIMIT 10")) {
    
printf("Select returned %d rows.\n"$result->num_rows);

    
/* 結果セットを開放します */
    
$result->close();
}

/* 大量のデータを取得する必要がある場合は MYSQLI_USE_RESULT を使用します */
if ($result $mysqli->query("SELECT * FROM City"MYSQLI_USE_RESULT)) {

    
/* この結果セットが閉じられるまで、サーバーとやりとりする関数は
       一切実行できないことに注意しましょう。関数をコールすると、
       'out of sync' エラーが発生します */
    
if (!$mysqli->query("SET @a:='this will not work'")) {
        
printf("Error: %s\n"$mysqli->error);
    }
    
$result->close();
}

$mysqli->close();
?>

手続き型

<?php
$link 
mysqli_connect("localhost""my_user""my_password""world");

/* 接続状況をチェックします */
if (mysqli_connect_errno()) {
    
printf("Connect failed: %s\n"mysqli_connect_error());
    exit();
}

/* テーブルを作成します。これは結果セットを返しません */
if (mysqli_query($link"CREATE TEMPORARY TABLE myCity LIKE City") === TRUE) {
    
printf("Table myCity successfully created.\n");
}

/* Select クエリを実行します。これは結果セットを返します */
if ($result mysqli_query($link"SELECT Name FROM City LIMIT 10")) {
    
printf("Select returned %d rows.\n"mysqli_num_rows($result));

    
/* 結果セットを開放します */
    
mysqli_free_result($result);
}

/* 大量のデータを取得する必要がある場合は MYSQLI_USE_RESULT を使用します */
if ($result mysqli_query($link"SELECT * FROM City"MYSQLI_USE_RESULT)) {

    
/* この結果セットが閉じられるまで、サーバーとやりとりする関数は
       一切実行できないことに注意しましょう。関数をコールすると、
       'out of sync' エラーが発生します */
    
if (!mysqli_query($link"SET @a:='this will not work'")) {
        
printf("Error: %s\n"mysqli_error($link));
    }
    
mysqli_free_result($result);
}

mysqli_close($link);
?>

上の例の出力は以下となります。

Table myCity successfully created.
Select returned 10 rows.
Error: Commands out of sync;  You can't run this command now

参考


mysqli
PHP Manual

レンタルサーバー