mysqli
PHP Manual

mysqli::__construct

mysqli_connect

(PHP 5)

mysqli::__construct -- mysqli_connect新規に MySQL サーバーへの接続をオープンする

説明

オブジェクト指向型

mysqli::__construct ([ string $host = ini_get("mysqli.default_host") [, string $username = ini_get("mysqli.default_user") [, string $passwd = ini_get("mysqli.default_pw") [, string $dbname = "" [, int $port = ini_get("mysqli.default_port") [, string $socket = ini_get("mysqli.default_socket") ]]]]]] )

手続き型

mysqli mysqli_connect ([ string $host = ini_get("mysqli.default_host") [, string $username = ini_get("mysqli.default_user") [, string $passwd = ini_get("mysqli.default_pw") [, string $dbname = "" [, int $port = ini_get("mysqli.default_port") [, string $socket = ini_get("mysqli.default_socket") ]]]]]] )

実行中の MySQL サーバーへの接続をオープンします。

パラメータ

host

ホスト名または IP アドレスです。この引数に NULL または "localhost" を渡すと ローカルホストとみなされます。もし可能な場合、TCP/IP プロトコルの代わりに パイプが使用されます。

ホストの前に p: をつけると、持続的な接続を開きます。 接続プールから開いた接続上で mysqli_change_user() が自動的にコールされます。

username

MySQL のユーザー名。

passwd

省略したり NULL を渡したりした場合、MySQL サーバーは パスワードを持たないユーザーレコードについてのみ認証を試みます。 これによってひとつのユーザー名において(パスワードが指定されたか 否かによって)違うパーミッションを与えることができます。

dbname

指定した場合は、 クエリが行われるデフォルトのデータベースとなります。

port

MySQL サーバーに接続する際のポート番号を指定します。

socket

使用するソケットあるいは名前つきパイプを指定します。

注意:

socket 引数を指定しても、MySQL サーバーへの 接続時の型を明示的に定義することにはなりません。MySQL サーバーへの 接続方法については host 引数で定義されます。

返り値

MySQL サーバーへの接続を表すオブジェクトを返します。

変更履歴

バージョン 説明
5.3.0 持続的な接続機能が追加されました。

例1 mysqli::__construct() の例

オブジェクト指向型

<?php
$mysqli 
= new mysqli('localhost''my_user''my_password''my_db');

/*
 * これは "公式な" オブジェクト指向のやりかたですが、
 * PHP 5.2.9 および 5.3.0 より前のバージョンでは $connect_error は動作していませんでした
 */
if ($mysqli->connect_error) {
    die(
'Connect Error (' $mysqli->connect_errno ') '
            
$mysqli->connect_error);
}

/*
 * PHP 5.2.9 および 5.3.0 より前のバージョンとの互換性を保ちたい場合は
 * $connect_error のかわりにこのようにします
 */
if (mysqli_connect_error()) {
    die(
'Connect Error (' mysqli_connect_errno() . ') '
            
mysqli_connect_error());
}

echo 
'Success... ' $mysqli->host_info "\n";

$mysqli->close();
?>

オブジェクト指向型で mysqli クラスを継承する例

<?php

class foo_mysqli extends mysqli {
    public function 
__construct($host$user$pass$db) {
        
parent::__construct($host$user$pass$db);

        if (
mysqli_connect_error()) {
            die(
'Connect Error (' mysqli_connect_errno() . ') '
                    
mysqli_connect_error());
        }
    }
}

$db = new foo_mysqli('localhost''my_user''my_password''my_db');

echo 
'Success... ' $db->host_info "\n";

$db->close();
?>

手続き型

<?php
$link 
mysqli_connect('localhost''my_user''my_password''my_db');

if (!
$link) {
    die(
'Connect Error (' mysqli_connect_errno() . ') '
            
mysqli_connect_error());
}

echo 
'Success... ' mysqli_get_host_info($link) . "\n";

mysqli_close($link);
?>

上の例の出力は以下となります。

Success... MySQL host info: localhost via TCP/IP

注意

注意:

MySQLnd は常に、サーバーのデフォルト文字セットを想定しています。この文字セットは接続時の ハンドシェイク/認証 のときに送信され、これを mysqlnd が使います。

Libmysqlclient が使うデフォルトの文字セットは my.cnf で設定したものです。あるいは明示的に mysqli_options() をコールして設定することもできます。 これは、mysqli_init() のあとで mysqli_real_connect() を実行する前にコールします。

注意:

オブジェクト指向の構文に関する注意: 接続に失敗した場合にもオブジェクトが返されます。 接続が失敗したかどうかを確かめるには、先ほどの例のように mysqli_connect_error() 関数あるいは mysqli->connect_error プロパティを使用しましょう。

注意:

接続タイムアウトなどのオプションを設定する必要がある場合は、かわりに mysqli_real_connect() を使わなければなりません。

注意:

コンストラクタをパラメータなしでコールするのは、 mysqli_init() をコールするのと同じ意味になります。

注意:

エラー "Can't create TCP/IP socket (10106)" が発生するのは、たいていは variables_order 設定ディレクティブに E が含まれていない場合です。 Windows では、これが含まれていなければ SYSTEMROOT 環境変数が使用できず、PHP が Winsock の読み込みに失敗します。

参考


mysqli
PHP Manual

レンタルサーバー