PHP 5.5.x から PHP 5.6.x への移行
PHP Manual

新機能

定数のスカラー式

数値や文字列リテラルと定数を、これまでのバージョンでは静的な値が想定されていた場面 (定数やプロパティの宣言、関数のデフォルト引数など) で、スカラー式として扱えるようになりました。

<?php
const ONE 1;
const 
TWO ONE 2;

class 
{
    const 
THREE TWO 1;
    const 
ONE_THIRD ONE self::THREE;
    const 
SENTENCE 'THREE の値は '.self::THREE;

    public function 
f($a ONE self::THREE) {
        return 
$a;
    }
}

echo (new 
C)->f()."\n";
echo 
C::SENTENCE;
?>

上の例の出力は以下となります。

4
THREE の値は 3

... による可変個引数関数

可変個引数の関数 の実装に ... 演算子が使えるようになり、 func_get_args() を使わずに済むようになりました。

<?php
function f($req$opt null, ...$params) {
    
// $params は配列で、残りのすべての引数が含まれます
    
printf('$req: %d; $opt: %d; パラメータ数: %d'."\n",
           
$req$optcount($params));
}

f(1);
f(12);
f(123);
f(1234);
f(12345);
?>

上の例の出力は以下となります。

$req: 1; $opt: 0; パラメータ数: 0
$req: 1; $opt: 2; パラメータ数: 0
$req: 1; $opt: 2; パラメータ数: 1
$req: 1; $opt: 2; パラメータ数: 2
$req: 1; $opt: 2; パラメータ数: 3

... による引数のアンパック

配列Traversable オブジェクトを引数リストにアンパックするために、 関数の呼び出し時に ... 演算子が使えるようになりました。 これは、Ruby などの他の言語では splat 演算子と呼ばれることもあります。

<?php
function add($a$b$c) {
    return 
$a $b $c;
}

$operators = [23];
echo 
add(1, ...$operators);
?>

上の例の出力は以下となります。

6

累乗演算子 **

右から評価する ** 演算子が追加されました。 これは累乗をサポートするものです。さらに、短縮代入演算子 **= も追加されました。

<?php
printf
("2 ** 3 ==      %d\n"** 3);
printf("2 ** 3 ** 2 == %d\n"** ** 2);

$a 2;
$a **= 3;
printf("a ==           %d\n"$a);
?>

上の例の出力は以下となります。

2 ** 3 ==      8
2 ** 3 ** 2 == 512
a ==           8

use function および use const

The use 演算子を拡張し、クラスだけではなく関数や定数もインポートできるようになりました。 それぞれ、言語構造 use function および use const を用います。

<?php
namespace Name\Space {
    const 
FOO 42;
    function 
f() { echo __FUNCTION__."\n"; }
}

namespace {
    use const 
Name\Space\FOO;
    use function 
Name\Space\f;

    echo 
FOO."\n";
    
f();
}
?>

上の例の出力は以下となります。

42
Name\Space\f

phpdbg

PHP now includes an interactive debugger called phpdbg implemented as a SAPI module. 詳細な情報は » phpdbg のドキュメント を参照ください。

デフォルトの文字エンコーディング

エンコーディングに依存する関数 htmlentities()html_entity_decode() そして htmlspecialchars() におけるデフォルトの文字セットとして、 default_charset を利用するようになりました。 iconv (非推奨) や mbstring でのエンコードが設定されている場合は、 default_charset よりもそちらのほうが優先されます。

この設定のデフォルト値は UTF-8 です。

php://input が再利用可能に

php://input が再オープンできるようになり、必要に応じて何度でも読めるようになりました。 その結果として、POST されたデータを読むときに必要となるメモリの量が大幅に削減されました。

巨大なファイルのアップロード

2 ギガバイトより大きいサイズのファイルもアップロードできるようになりました。

GMP での演算子オーバーロードのサポート

GMP オブジェクトが、 演算子のオーバーロードやスカラー型へのキャストに対応するようになりました。 GMP を使って、よりわかりやすいコードが書けるようになります。

<?php
$a 
gmp_init(42);
$b gmp_init(17);

// 5.6 より前のバージョンのコード
var_dump(gmp_add($a$b));
var_dump(gmp_add($a17));
var_dump(gmp_add(42$b));

// 5.6 以降の新しいコード
var_dump($a $b);
var_dump($a 17);
var_dump(42 $b);
?>

hash_equals() による、タイミング攻撃に対応した文字列比較

hash_equals() 関数が追加されました。 この関数は、二つの文字列の比較を一定の時間で行います。 タイミング攻撃を防ぐために、文字列の比較にはこの関数を使うべきです。 たとえば crypt() のパスワードハッシュをチェックしたりするときに使えます (password_hash()password_verify() が使えない場合を想定。 これらの関数は、タイミング攻撃の影響を受けません)。

<?php
$expected  
crypt('12345''$2a$07$usesomesillystringforsalt$');
$correct   crypt('12345''$2a$07$usesomesillystringforsalt$');
$incorrect crypt('1234',  '$2a$07$usesomesillystringforsalt$');

var_dump(hash_equals($expected$correct));
var_dump(hash_equals($expected$incorrect));
?>

上の例の出力は以下となります。

bool(true)
bool(false)

__debugInfo()

マジックメソッド __debugInfo() が追加されました。 var_dump() でオブジェクトの情報を出力する際の、 プロパティやその値の表示方法を変更できます。

<?php
class {
    private 
$prop;

    public function 
__construct($val) {
        
$this->prop $val;
    }

    public function 
__debugInfo() {
        return [
            
'propSquared' => $this->prop ** 2,
        ];
    }
}

var_dump(new C(42));
?>

上の例の出力は以下となります。

object(C)#1 (1) {
  ["propSquared"]=>
  int(1764)
}

gost-crypto ハッシュアルゴリズム

ハッシュアルゴリズム gost-crypto が追加されました。 これは GOST ハッシュ関数を実装したもので、 » RFC 4357, section 11.2 に記載されている CryptoPro S-box テーブルを使っています。

SSL/TLS の改良

PHP 5.6 では、SSL/TLS のサポートに幅広い改良が加わりました。 ピア検証にデフォルトで対応したり、 証明書のフィンガープリントのマッチングに対応したり、 TLS 再ネゴシエーションアタックの対策をしたり、多数の SSL コンテキストオプションを新たに導入したりしました。 これらによって、暗号化されたストリームに関するよりきめ細やかな制御ができるようになりました。

変更内容の詳細を、 PHP 5.6.x における OpenSSL 関連の変更 にまとめました。

pgsql の非同期サポート

pgsql 拡張モジュールが、 非同期の接続や問い合わせに対応しました。 PostgreSQL データベースとのやりとりで、ノンブロッキング処理ができるようになります。 非同期接続を確立するには、定数 PGSQL_CONNECT_ASYNC を利用します。そして、新しい関数 pg_connect_poll()pg_socket()pg_consume_input()pg_flush() を使って、非同期接続や問い合わせを処理します。


PHP 5.5.x から PHP 5.6.x への移行
PHP Manual

レンタルサーバー