libxml
PHP Manual

定義済み定数

以下の定数が定義されています。 この関数の拡張モジュールが PHP 組み込みでコンパイルされているか、 実行時に動的にロードされている場合のみ使用可能です。

LIBXML_BIGLINES (integer)
行数が 65535 を超えても正しく報告する

注意:

PHP 7.0.0 以降で Libxml >= 2.9.0 の場合のみ有効

LIBXML_COMPACT (integer)
小さなノードを割り当てるように最適化する。アプリケーションの コードを変更することなしにスピードアップさせることができる

注意:

Libxml >= 2.6.21 でのみ有効

LIBXML_DTDATTR (integer)
デフォルトのDTD属性
LIBXML_DTDLOAD (integer)
外部サブセットをロードする
LIBXML_DTDVALID (integer)
DTDで検証する
LIBXML_HTML_NOIMPLIED (integer)
HTML_PARSE_NOIMPLIED フラグを設定する。 これは、暗黙の html/body... 要素の自動追加を無効にする。

注意:

Libxml >= 2.7.7 (PHP >= 5.4.0) でのみ有効

LIBXML_HTML_NODEFDTD (integer)
HTML_PARSE_NODEFDTD フラグを設定する。 これは、doctype が見つからないときにデフォルトの doctype を追加しないようにする。

注意:

Libxml >= 2.7.8 (PHP >= 5.4.0) でのみ有効

LIBXML_NOBLANKS (integer)
空白のノードを削除
LIBXML_NOCDATA (integer)
CDATA をテキストノードとしてマージ
LIBXML_NOEMPTYTAG (integer)
空タグを拡張する(例 <br/><br></br> にする)

注意:

このオプションは、現在 DOMDocument::save および DOMDocument::saveXML 関数でのみ有効です。

LIBXML_NOENT (integer)
エンティティを置換
LIBXML_NOERROR (integer)
エラー出力を抑制
LIBXML_NONET (integer)
ドキュメントロード時にネットワークアクセスを無効にする
LIBXML_NOWARNING (integer)
警告出力を抑制する
LIBXML_NOXMLDECL (integer)
ドキュメントの保存時に XML 宣言を削除する

注意:

Libxml >= 2.6.21 でのみ有効

LIBXML_NSCLEAN (integer)
冗長な名前空間宣言を削除する
LIBXML_PARSEHUGE (integer)
パーサでハードコーディングされたすべての制限を緩和するための XML_PARSE_HUGE フラグを設定する。 これは、ドキュメントやエンティティの再帰の最大数や テキストノードのサイズなどの制限に影響する。

注意:

Libxml >= 2.7.0 (PHP >= 5.3.2 あるいは PHP >= 5.2.12) でのみ有効

LIBXML_PEDANTIC (integer)
XML_PARSE_PEDANTIC フラグを設定する。これは、より細かいエラー報告を出す。

注意:

PHP >= 5.4.0 でのみ有効

LIBXML_XINCLUDE (integer)
XInclude 置換を実装する
LIBXML_ERR_ERROR (integer)
復帰可能なエラー
LIBXML_ERR_FATAL (integer)
致命的なエラー
LIBXML_ERR_NONE (integer)
エラーなし
LIBXML_ERR_WARNING (integer)
単純な警告
LIBXML_VERSION (integer)
20605 や 20617 のような libxml のバージョン
LIBXML_DOTTED_VERSION (string)
2.6.5または2.6.17のようなlibxmlのバージョン
LIBXML_SCHEMA_CREATE (integer)
XSD スキーマの検証時にデフォルト/固定の値ノードを作る

注意:

Libxml >= 2.6.14 (PHP >= 5.5.2) 以降で利用可能


libxml
PHP Manual

プラスアルファレンタルサーバー