リファレンスの説明
PHP Manual

リファレンス渡し

リファレンスにより関数に変数を渡すことが可能です。この場合、関数内で その引数を修正可能になります。構文は次のようになります。

<?php
function foo(&$var)
{
    
$var++;
}

$a=5;
foo($a);
// $a はここでは 6 です
?>

注意: 関数コールの際には、リファレンス記号がないことに注意してください。 関数定義にのみリファレンス記号があります。リファレンスで正しく引数を 渡すには、関数定義のみで十分です。以前のバージョンの PHP では foo(&$a); のような形式で & を利用すると "Call-time pass-by-reference" という警告が発生していましたが、 PHP 5.3.0 以降では警告は発生しません。 また、PHP 5.4.0 以降では call-time pass-by-reference 機能自体が削除されたので、 これを使おうとすると fatal エラーが発生します。

次のものはリファレンスで渡すことが可能です。

他の式は、結果が未定義となるため、リファレンスで渡すべきではありません。 例えば、リファレンスで渡す次の例は、無効です。

<?php
function foo(&$var)
{
    
$var++;
}
function 
bar() // & がないことに注意
{
    
$a 5;
    return 
$a;
}
foo(bar()); // PHP 5.0.5 以降、致命的なエラーが発生する

foo($a 5); // 式、変数ではない
foo(5); // 致命的なエラーが発生する
?>
以上の説明は、PHP 4.0.4 以降用です。


リファレンスの説明
PHP Manual

レンタルサーバー