クラスとオブジェクト
PHP Manual

アクセス権

プロパティ、メソッドまたは (PHP 7.1.0 以降) 定数のアクセス権 (visibility) は、 キーワード: public, protected または private を指定することにより定義できます。 public 宣言されたクラスのメンバーには、どこからでもアクセス可能です。 protected 宣言されたメンバーには、 そのクラス自身、そのクラスを継承したクラス、および親クラスからのみアクセスできます。 private 宣言されたメンバーには、そのメンバーを定義したクラスからのみアクセスできます。

プロパティのアクセス権

クラスのプロパティは、public, private, または protected として定義しなくてはなりません。var を使って宣言した場合、 そのプロパティは public として定義されます。

例1 プロパティの宣言

<?php
/**
 * MyClass の定義
 */
class MyClass
{
    public 
$public 'Public';
    protected 
$protected 'Protected';
    private 
$private 'Private';

    function 
printHello()
    {
        echo 
$this->public;
        echo 
$this->protected;
        echo 
$this->private;
    }
}

$obj = new MyClass();
echo 
$obj->public// 動作します
echo $obj->protected// Fatal エラー
echo $obj->private// Fatal エラー
$obj->printHello(); // Public、Protected そして Private を表示します


/**
 * MyClass2 の定義
 */
class MyClass2 extends MyClass
{
    
// public および protected プロパティは再定義できますが、
    // private はできません。
    
public $public 'Public2';
    protected 
$protected 'Protected2';

    function 
printHello()
    {
        echo 
$this->public;
        echo 
$this->protected;
        echo 
$this->private;
    }
}

$obj2 = new MyClass2();
echo 
$obj2->public// 動作します
echo $obj2->protected// Fatal エラー
echo $obj2->private// 未定義です
$obj2->printHello(); // Public2, Protected2, Undefined を表示します

?>

注意: キーワード var で変数を宣言する PHP 4 の方法は、互換性を保つために今でもサポートされています (これは public と同じ扱いになります)。PHP 5.1.3 より前では、 これを使用すると E_STRICT 警告が発生します。

メソッドのアクセス権

クラスメソッドは、public, private, または protected として定義します。アクセス権を明示せずに宣言したメソッドは、 public となります。

例2 メソッドの宣言

<?php
/**
 * MyClass の定義
 */
class MyClass
{
    
// public コンストラクタの宣言
    
public function __construct() { }

    
// public メソッドの宣言
    
public function MyPublic() { }

    
// protected メソッドの宣言
    
protected function MyProtected() { }

    
// private メソッドの宣言
    
private function MyPrivate() { }

    
// これは public となります
    
function Foo()
    {
        
$this->MyPublic();
        
$this->MyProtected();
        
$this->MyPrivate();
    }
}

$myclass = new MyClass;
$myclass->MyPublic(); // 動作します
$myclass->MyProtected(); // Fatal エラー
$myclass->MyPrivate(); // Fatal エラー
$myclass->Foo(); // Public、Protected および Private が動作します


/**
 * MyClass2 の定義
 */
class MyClass2 extends MyClass
{
    
// これは public となります
    
function Foo2()
    {
        
$this->MyPublic();
        
$this->MyProtected();
        
$this->MyPrivate(); // Fatal エラー
    
}
}

$myclass2 = new MyClass2;
$myclass2->MyPublic(); // 動作します
$myclass2->Foo2(); // Public および Protected は動作しますが、Private は動作しません

class Bar 
{
    public function 
test() {
        
$this->testPrivate();
        
$this->testPublic();
    }

    public function 
testPublic() {
        echo 
"Bar::testPublic\n";
    }
    
    private function 
testPrivate() {
        echo 
"Bar::testPrivate\n";
    }
}

class 
Foo extends Bar 
{
    public function 
testPublic() {
        echo 
"Foo::testPublic\n";
    }
    
    private function 
testPrivate() {
        echo 
"Foo::testPrivate\n";
    }
}

$myFoo = new Foo();
$myFoo->test(); // Bar::testPrivate 
                // Foo::testPublic
?>

定数のアクセス権

As of PHP 7.1.0, class constants may be defined as public, private, or protected. Constants declared without any explicit visibility keyword are defined as public.

例3 Constant Declaration as of PHP 7.1.0

<?php
/**
 * Define MyClass
 */
class MyClass
{
    
// Declare a public constant
    
public const MY_PUBLIC 'public';

    
// Declare a protected constant
    
protected const MY_PROTECTED 'protected';

    
// Declare a private constant
    
private const MY_PRIVATE 'private';

    public function 
foo()
    {
        echo 
self::MY_PUBLIC;
        echo 
self::MY_PROTECTED;
        echo 
self::MY_PRIVATE;
    }
}

$myclass = new MyClass();
MyClass::MY_PUBLIC// Works
MyClass::MY_PROTECTED// Fatal Error
MyClass::MY_PRIVATE// Fatal Error
$myclass->foo(); // Public, Protected and Private work


/**
 * Define MyClass2
 */
class MyClass2 extends MyClass
{
    
// This is public
    
function foo2()
    {
        echo 
self::MY_PUBLIC;
        echo 
self::MY_PROTECTED;
        echo 
self::MY_PRIVATE// Fatal Error
    
}
}

$myclass2 = new MyClass2;
echo 
MyClass2::MY_PUBLIC// Works
$myclass2->foo2(); // Public and Protected work, not Private
?>

他のオブジェクトからのアクセス権

同じ型のオブジェクト間では、たとえ同一のインスタンスでなくても お互いの private メンバーや protected メンバーにアクセスすることができます。 これは、そのオブジェクトの内部ではオブジェクトの実装の詳細が既知であるからです。

例4 同じ型のオブジェクトの private メンバーへのアクセス

<?php
class Test
{
    private 
$foo;

    public function 
__construct($foo)
    {
        
$this->foo $foo;
    }

    private function 
bar()
    {
        echo 
'Accessed the private method.';
    }

    public function 
baz(Test $other)
    {
        
// private プロパティを変更することができます
        
$other->foo 'hello';
        
var_dump($other->foo);

        
// private メソッドをコールすることもできます
        
$other->bar();
    }
}

$test = new Test('test');

$test->baz(new Test('other'));
?>

上の例の出力は以下となります。

string(5) "hello"
Accessed the private method.

クラスとオブジェクト
PHP Manual

プラスアルファレンタルサーバー