クラスとオブジェクト
PHP Manual

タイプヒンティング

PHP 5では、タイプヒンティング(Type Hinting)が導入されました。 これにより、関数は、 (クラスの名前を関数プロトタイプの中に指定することにより) パラメータをオブジェクトもしくはインターフェイス、配列 (PHP 5.1 以降)、callable (PHP 5.4 以降) を必ず指定させることができるようになりました。 しかし、デフォルトのパラメータの値として NULL を使用した場合は、後から任意の値を引数に指定できるようになります。

タイプヒントでクラスやインターフェイスを指定した場合、 その子クラスや実装クラスも利用できます。

タイプヒントは intstring といったスカラー型には使えません。 また、リソーストレイト も使えません。

例1 タイプヒンティングの例

<?php
// とあるクラス
class MyClass
{
    
/**
     * テスト関数
     *
     * 第 1 引数は OtherClass 型のオブジェクトでなければならない
     */
    
public function test(OtherClass $otherclass) {
        echo 
$otherclass->var;
    }


    
/**
     * もう一つのテスト関数
     *
     * 第 1 引数は配列でなければならない
     */
    
public function test_array(array $input_array) {
        
print_r($input_array);
    }
    
    
/**
     * 第 1 引数はイテレータでなければならない
     */
    
public function test_interface(Traversable $iterator) {
        echo 
get_class($iterator);
    }
    
    
/**
     * 第 1 引数は callable でなければならない
     */
    
public function test_callable(callable $callback$data) {
        
call_user_func($callback$data);
    }
}

// もう一つのサンプルクラス
class OtherClass {
    public 
$var 'Hello World';
}
?>

タイプヒントの指定を満たさないとキャッチ可能な致命的エラーとなります。

<?php
// それぞれのクラスのインスタンス
$myclass = new MyClass;
$otherclass = new OtherClass;

// Fatal Error: Argument 1 must be an object of class OtherClass
$myclass->test('hello');

// Fatal Error: Argument 1 must be an instance of OtherClass
$foo = new stdClass;
$myclass->test($foo);

// Fatal Error: Argument 1 must not be null
$myclass->test(null);

// Works: Prints Hello World
$myclass->test($otherclass);

// Fatal Error: Argument 1 must be an array
$myclass->test_array('a string');

// 動作する: 配列の内容を表示する
$myclass->test_array(array('a''b''c'));

// 動作する: ArrayObject を表示する
$myclass->test_interface(new ArrayObject(array()));

// 動作する: int(1) を表示する
$myclass->test_callable('var_dump'1);
?>

タイプヒンティングは、関数でも使用できます。

<?php
// とあるクラス
class MyClass {
    public 
$var 'Hello World';
}

/**
 * テスト関数
 *
 * 第 1 引数は MyClass 型のオブジェクトでなければならない
 */
function myFunction(MyClass $foo) {
    echo 
$foo->var;
}

// 動作する
$myclass = new MyClass;
myFunction($myclass);
?>

タイプヒントには NULL 値を使用することもできます。

<?php

/* NULL 値も使えます */
function test(stdClass $obj NULL) {

}

test(NULL);
test(new stdClass);

?>

クラスとオブジェクト
PHP Manual

レンタルサーバー