クラスとオブジェクト
PHP Manual

オブジェクトの比較

比較演算子(==)を使用する際、 オブジェクト変数は、単純に比較されます。つまり、 二つのオブジェクトのインスタンスは、 同じ属性と値を有し、同じクラスのインスタンスである場合に、 等しいとされます。

一致演算子(===)を使用する場合、 オブジェクト変数は、同じクラスの同じインスタンスを参照する場合のみ、 等しいとされます。

これらのルールを明確に示す例を以下に示します。

例1 PHP 5におけるオブジェクト比較の例

<?php
function bool2str($bool)
{
    if (
$bool === false) {
        return 
'FALSE';
    } else {
        return 
'TRUE';
    }
}

function 
compareObjects(&$o1, &$o2)
{
    echo 
'o1 == o2 : ' bool2str($o1 == $o2) . "\n";
    echo 
'o1 != o2 : ' bool2str($o1 != $o2) . "\n";
    echo 
'o1 === o2 : ' bool2str($o1 === $o2) . "\n";
    echo 
'o1 !== o2 : ' bool2str($o1 !== $o2) . "\n";
}

class 
Flag
{
    public 
$flag;

    function 
Flag($flag true) {
        
$this->flag $flag;
    }
}

class 
OtherFlag
{
    public 
$flag;

    function 
OtherFlag($flag true) {
        
$this->flag $flag;
    }
}

$o = new Flag();
$p = new Flag();
$q $o;
$r = new OtherFlag();

echo 
"同一クラスの2つのインスタンス\n";
compareObjects($o$p);

echo 
"\n同じインスタンスへの2つのリファレンス\n";
compareObjects($o$q);

echo 
"\n2つの異なるクラスのインスタンス\n";
compareObjects($o$r);
?>

上の例の出力は以下となります。


同一クラスの2つのインスタンス
o1 == o2 : TRUE
o1 != o2 : FALSE
o1 === o2 : FALSE
o1 !== o2 : TRUE

同じインスタンスへの2つのリファレンス
o1 == o2 : TRUE
o1 != o2 : FALSE
o1 === o2 : TRUE
o1 !== o2 : FALSE

2つの異なるクラスのインスタンス
o1 == o2 : FALSE
o1 != o2 : TRUE
o1 === o2 : FALSE
o1 !== o2 : TRUE

注意:

拡張モジュール内では、自前で作成したオブジェクトの (== による) 比較方法を独自に定義することができます。


クラスとオブジェクト
PHP Manual

レンタルサーバー