クラスとオブジェクト
PHP Manual

オブジェクトの反復処理

PHP 5 は、たとえば foreach 命令などによる反復処理を可能とするよう オブジェクトを定義する手段を提供します。 デフォルトで、 全ての アクセス権限がある プロパティは、反復処理に使用することができます。

例1 Simple Object Iteration

<?php
class MyClass
{
    public 
$var1 'value 1';
    public 
$var2 'value 2';
    public 
$var3 'value 3';

    protected 
$protected 'protected var';
    private   
$private   'private var';

    function 
iterateVisible() {
       echo 
"MyClass::iterateVisible:\n";
       foreach(
$this as $key => $value) {
           print 
"$key => $value\n";
       }
    }
}

$class = new MyClass();

foreach(
$class as $key => $value) {
    print 
"$key => $value\n";
}
echo 
"\n";


$class->iterateVisible();

?>

上の例の出力は以下となります。

var1 => value 1
var2 => value 2
var3 => value 3

MyClass::iterateVisible:
var1 => value 1
var2 => value 2
var3 => value 3
protected => protected var
private => private var

出力からわかるように、 foreach による反復処理がすべての アクセス権がある プロパティについて行われています。

さらに、Iterator インターフェイス も実装できます。 これを実装すれば、オブジェクトの反復処理の方法や処理中に取得できる値を決めることができます。

例2 Iteratorを実装するオブジェクトの反復処理

<?php
class MyIterator implements Iterator
{
    private 
$var = array();

    public function 
__construct($array)
    {
        if (
is_array($array)) {
            
$this->var $array;
        }
    }

    public function 
rewind()
    {
        echo 
"rewinding\n";
        
reset($this->var);
    }
  
    public function 
current()
    {
        
$var current($this->var);
        echo 
"current: $var\n";
        return 
$var;
    }
  
    public function 
key() 
    {
        
$var key($this->var);
        echo 
"key: $var\n";
        return 
$var;
    }
  
    public function 
next() 
    {
        
$var next($this->var);
        echo 
"next: $var\n";
        return 
$var;
    }
  
    public function 
valid()
    {
        
$key key($this->var);
        
$var = ($key !== NULL && $key !== FALSE);
        echo 
"valid: $var\n";
        return 
$var;
    }

}

$values = array(1,2,3);
$it = new MyIterator($values);

foreach (
$it as $a => $b) {
    print 
"$a$b\n";
}
?>

上の例の出力は以下となります。

rewinding
valid: 1
current: 1
key: 0
0: 1
next: 2
valid: 1
current: 2
key: 1
1: 2
next: 3
valid: 1
current: 3
key: 2
2: 3
next:
valid: 

Iterator のすべてのメソッドを実装するかわりに、 IteratorAggregate インターフェイス を使うこともできます。 IteratorAggregate で実装を要するメソッドは IteratorAggregate::getIterator() だけで、 このメソッドは Iterator を実装したクラスのインスタンスを返す必要があります。

例3 IteratorAggregateを実装するオブジェクトの反復処理

<?php
class MyCollection implements IteratorAggregate
{
    private 
$items = array();
    private 
$count 0;

    
// Required definition of interface IteratorAggregate
    
public function getIterator() {
        return new 
MyIterator($this->items);
    }

    public function 
add($value) {
        
$this->items[$this->count++] = $value;
    }
}

$coll = new MyCollection();
$coll->add('value 1');
$coll->add('value 2');
$coll->add('value 3');

foreach (
$coll as $key => $val) {
    echo 
"key/value: [$key -> $val]\n\n";
}
?>

上の例の出力は以下となります。

rewinding
current: value 1
valid: 1
current: value 1
key: 0
key/value: [0 -> value 1]

next: value 2
current: value 2
valid: 1
current: value 2
key: 1
key/value: [1 -> value 2]

next: value 3
current: value 3
valid: 1
current: value 3
key: 2
key/value: [2 -> value 3]

next:
current:
valid:

注意:

より詳細なイタレータの例については、 SPL 拡張モジュール を参照ください。

注意:

PHP 5.5 以降を使っている場合は、 ジェネレータ についても調べてみるといいでしょう。 これも、イテレータを定義する方法の一つとして使えます。


クラスとオブジェクト
PHP Manual

レンタルサーバー