クラスとオブジェクト
PHP Manual

オブジェクト インターフェイス

オブジェクトインターフェイスにより、あるクラスが実装する必要があるメソッドの 種類を、これらのメソッドの実体を定義することなく、指定するコードを作成できる ようになります。

インターフェイスは通常のクラスと同様に定義することができますが、 キーワード class のかわりに interface を用います。またメソッドの実装は全く定義されません。

インターフェイス内で宣言される全てのメソッドはpublicである必要があります。 これは、インターフェイスの特性によります。

Note that it is possible to declare a constructor in an interface, what can be useful in some contexts, e.g. for use by factories.

implements

インターフェイスを実装するには、implements 演算子を使用し、 このインターフェイスに含まれる全てのメソッドを実装する必要があります。 実装されていない場合、致命的エラーとなります。 各インターフェイスをカンマで区切って指定することで、 クラスは複数のインターフェイスを実装することができます。

注意:

PHP 5.3.9 より前のバージョンでは、ひとつのクラスの中で同じ名前のメソッドを定義した2つのインターフェイスを実装することはできませんでした。曖昧さを解決できなくなるためです。 PHP 5.3.9 以後のバージョンでは、同じ名前のメソッドが同じシグナチャを持っている場合に限り、こうした実装を行えるようになっています。

注意:

クラスと同様、インターフェイスも extends 演算子で継承することができます。

注意:

インターフェイスを実装したクラスには、 そのインターフェイスで定義されているメソッドとまったく同じシグネチャを持つメソッドが必要です。 そうしなければ致命的なエラーが発生します。

定数

インターフェイスに定数を持たせることもできます。 インターフェイス定数は クラス定数 とまったく同じように動作します。しかし、 そのインターフェイスを継承したクラスやインターフェイスから上書きすることはできません。

例1 Interface の例

<?php

// インターフェイス 'iTemplate' を宣言する
interface iTemplate
{
    public function 
setVariable($name$var);
    public function 
getHtml($template);
}

// インターフェイスを実装する。
// これは動作します。
class Template implements iTemplate
{
    private 
$vars = array();

    public function 
setVariable($name$var)
    {
        
$this->vars[$name] = $var;
    }

    public function 
getHtml($template)
    {
        foreach(
$this->vars as $name => $value) {
            
$template str_replace('{' $name '}'$value$template);
        }

        return 
$template;
    }
}

// これは動作しません。
// Fatal error: Class BadTemplate contains 1 abstract methods
// and must therefore be declared abstract (iTemplate::getHtml)
class BadTemplate implements iTemplate
{
    private 
$vars = array();

    public function 
setVariable($name$var)
    {
        
$this->vars[$name] = $var;
    }
}
?>

例2 インターフェイスの継承

<?php
interface a
{
    public function 
foo();
}

interface 
extends a
{
    public function 
baz(Baz $baz);
}

// これは動作します
class implements b
{
    public function 
foo()
    {
    }

    public function 
baz(Baz $baz)
    {
    }
}

// これは動作せず、fatal error となります
class implements b
{
    public function 
foo()
    {
    }

    public function 
baz(Foo $foo)
    {
    }
}
?>

例3 複数のインターフェイスの継承

<?php
interface a
{
    public function 
foo();
}

interface 
b
{
    public function 
bar();
}

interface 
extends ab
{
    public function 
baz();
}

class 
implements c
{
    public function 
foo()
    {
    }

    public function 
bar()
    {
    }

    public function 
baz()
    {
    }
}
?>

例4 インターフェイスでの定数

<?php
interface a
{
    const 
'Interface constant';
}

// Interface constant と表示します
echo a::b;


// しかし、これは動作しません。定数のオーバーライドが
// できないからです。
class implements a
{
    const 
'Class constant';
}
?>

インターフェイスとタイプヒンティングを組み合わせると、 特定のオブジェクトに特定のメソッドをうまく持たせることができます。 instanceof 演算子および タイプヒンティング を参照ください。


クラスとオブジェクト
PHP Manual

プラスアルファレンタルサーバー