名前空間
PHP Manual

名前空間の使用法: エイリアス/インポート

(PHP 5 >= 5.3.0)

外部の完全修飾名をエイリアスで参照したりインポートしたりする機能は、 名前空間において非常に重要なものです。 これは、Unix 系のファイルシステムでファイルやディレクトリへのシンボリックリンクを作成することに似ています。

PHP の名前空間では、3 通りの方法でエイリアスやインポートをサポートしています。 クラス名のエイリアスを作成する方法、インターフェイス名のエイリアスを作成する方法、 そして名前空間名のエイリアスを作成する方法です。 PHP 5.6 以降では、さらに関数や定数のエイリアスやインポートもサポートします。

PHP でのエイリアス作成には use 演算子を使用します。 ここに、5 種類すべてのインポート方法の例を示します。

例1 use 演算子によるインポート/エイリアス

<?php
namespace foo;
use 
My\Full\Classname as Another;

// これは use My\Full\NSname as NSname と同じです
use My\Full\NSname;

// グローバルクラスをインポートします
use ArrayObject;

// 関数をインポートします (PHP 5.6+)
use function My\Full\functionName;

// 関数のエイリアスを定義します (PHP 5.6+)
use function My\Full\functionName as func;

// 定数をインポートします (PHP 5.6+)
use const My\Full\CONSTANT;

$obj = new namespace\Another// foo\Another クラスのオブジェクトのインスタンスを作成します
$obj = new Another// My\Full\Classname クラスのオブジェクトのインスタンスを作成します
NSname\subns\func(); // My\Full\NSname\subns\func 関数をコールします
$a = new ArrayObject(array(1)); // ArrayObject クラスのオブジェクトのインスタンスを作成します
// "use ArrayObject" がなければ、foo\ArrayObject クラスのオブジェクトのインスタンスを作成することになります
func(); // 関数 My\Full\functionName を呼びます
echo CONSTANT// 定数 My\Full\CONSTANT の値を表示します
?>
名前空間つきの名前 (完全修飾形式の名前空間は区切り文字を含んだ Foo\Bar のようなもので、グローバルな場合は区切り文字を含まない FooBar のようになります) では先頭のバックスラッシュは不要で、推奨されないことに注意しましょう。 インポートする名前は完全修飾形式でなければならず、 現在の名前空間からの相対指定で処理されることはないからです。

PHP では、複数の use 文を同一行に置くための便利なショートカットもサポートしています。

例2 use 演算子によるインポート/エイリアスで、複数の use 文を組み合わせる例

<?php
use My\Full\Classname as AnotherMy\Full\NSname;

$obj = new Another// My\Full\Classname クラスのオブジェクトのインスタンスを作成します
NSname\subns\func(); // My\Full\NSname\subns\func 関数をコールします
?>

インポートはコンパイル時に行われるので、動的なクラス名、関数名や定数名には影響を及ぼしません。

例3 インポートと動的名

<?php
use My\Full\Classname as AnotherMy\Full\NSname;

$obj = new Another// My\Full\Classname クラスのオブジェクトのインスタンスを作成します
$a 'Another';
$obj = new $a;      // Another クラスのオブジェクトのインスタンスを作成します
?>

さらにインポートの影響が及ぶのは非修飾名および修飾名のみです。 完全修飾名は絶対的なものであり、インポートの影響を受けることはありません。

例4 インポートと完全修飾名

<?php
use My\Full\Classname as AnotherMy\Full\NSname;

$obj = new Another// My\Full\Classname クラスのオブジェクトのインスタンスを作成します
$obj = new \Another// Another クラスのオブジェクトのインスタンスを作成します
$obj = new Another\thing// My\Full\Classname\thing クラスのオブジェクトのインスタンスを作成します
$obj = new \Another\thing// Another\thing クラスのオブジェクトのインスタンスを作成します
?>

インポート時のスコープ規則

use キーワードの宣言は、ファイル内の一番外側のスコープ (グローバルスコープ) あるいは名前空間宣言の中で行わなければなりません。 これは、インポートが実行時ではなくコンパイル時に行われるためです。 ブロック内のスコープではインポートできません。 次の例は、use キーワードの間違った使い方を示すものです。

例5 間違ったインポートの例

<?php
namespace Languages;

class 
Greenlandic
{
    use 
Languages\Danish;

    ...
}
?>

注意:

インポート規則はファイル単位のものです。つまり、インクルードされたファイルは インクロード元の親ファイルのインポート規則を 引き継ぎません


名前空間
PHP Manual

レンタルサーバー