名前空間
PHP Manual

名前空間の定義

(PHP 5 >= 5.3.0, PHP 7)

PHP のコードならなんでも名前空間に含めることができますが、 実際に名前空間の影響を受けるのはクラス (抽象クラスやトレイトを含む) とインターフェイス、関数、そして定数だけです。

名前空間を宣言するには、キーワード namespace を使用します。名前空間を含むファイルでは、他のコードより前にファイルの先頭で名前空間を宣言しなければなりません。 ただし declare キーワードは例外です。

例1 名前空間の宣言

<?php
namespace MyProject;

const 
CONNECT_OK 1;
class 
Connection /* ... */ }
function 
connect() { /* ... */ }

?>
名前空間の宣言より前に書くことが許されているコードは declare 文のみです。ソースファイルのエンコーディングを定義するために使用します。 さらに、PHP コード以外であっても名前空間の宣言の前に記述することはできません (スペースも同様です)。

例2 名前空間の宣言

<html>
<?php
namespace MyProject// fatal error - namespace must be the first statement in the script
?>

さらに、他の PHP の制御構造とは異なり、同一の名前空間を複数のファイルで定義することができます。 これにより、ひとつの名前空間の内容をファイルシステム上で分割することができます。


名前空間
PHP Manual

プラスアルファレンタルサーバー