エラー
PHP Manual

PHP 7 でのエラー

PHP 7 は大半のエラーがどのようにPHPから報告されるかを変更しています。 PHP 5 で使われていたこれまでのエラー報告メカニズムを使うかわりに、 大半のエラーを Error 例外としてスローするようになったのです。

通常の例外と同様、Error 例外も、 最初にマッチした catch ブロックで現れます。 マッチするブロックがなければ、set_exception_handler() で設定したデフォルトの例外ハンドラが呼ばれます。 デフォルトの例外ハンドラもない場合は、例外が fatal error に変換されて、 これまでのバージョンのエラーと同じように扱われます。

Error クラスは Exception を継承していないので、 キャッチし損ねた例外を catch (Exception $e) { ... } ブロックで受け止めているような PHP 5 のコードでは、 Error をキャッチできません。 catch (Error $e) { ... } ブロックを用意するか、あるいは set_exception_handler() でハンドラを設定する必要があります。

Error の階層


エラー
PHP Manual

プラスアルファレンタルサーバー