定数
PHP Manual

構文

define() 関数を使用することにより、 定数を定義することが可能です。PHP 5.3.0 以降では、 クラス定義の外部で const キーワードを使って定数を定義することもできます。 定数が一度定義されると、 変更または未定義とすることはできません。

PHP 5.6 より前のバージョンでは、定数に指定できるのは、スカラデータ (boolean, integer, double, string) のみです。 PHP 5.6 以降では、array の定数も指定できるようになりました。 resource の定数を指定することもできますが、 予期せぬ結果を引き起こすことがあるので避けるべきです。

単に定数の名前を指定することにより、その値を得ることが可能です。 変数とは異なり、その前に $ は不要です。 定数の名前を動的に得る必要がある場合、定数の値を読むために関数 constant() を使用することも可能です。 定義済の定数の一覧を得るには、 get_defined_constants() を使用してください。

注意: 定数と(グローバル)変数は、異なる名前空間にあります。 例えば、TRUE$TRUE は違うものを意味します。

未定義の定数を使用した場合、ちょうどstringとして コールしたかのように(CONSTANT vs "CONSTANT")、 PHPはその定数自体の名前を使用したと仮定します。 この際、E_NOTICE が発生します。 ある定数が設定されているかどうかを知るには、 defined() 関数を使用してください。 なぜ $foo[bar]が間違っている (まずbarを定数としてdefine()しなければ) のかというマニュアルもご覧ください。 定数がセットされているかを単にチェックするには defined()を使用してください。

変数との違いは次のようになります。

例1 定数の定義

<?php
define
("CONSTANT""Hello world.");
echo 
CONSTANT// "Hello world."を出力
echo Constant// "Constant" を出力し、警告 (notice) を発行
?>

例2 const キーワードによる定数の定義

<?php
// PHP 5.3.0 以降で動作します
const CONSTANT 'Hello World';

echo 
CONSTANT;

q// PHP 5.6.0 以降で動作します
const ANOTHER_CONST CONSTANT.'; Goodbye World';

echo 
ANOTHER_CONST;
?>

注意:

define() による定数の定義とは反対に、 const キーワードで定義した定数はトップレベルのスコープで宣言しなければなりません。 これはコンパイル時に定義されるからです。 つまり、関数、ループ、if 文、または try/catch ブロックの内部では宣言できないということです。

オブジェクト定数 も参照ください。


定数
PHP Manual

レンタルサーバー