Windows システムへのインストール
PHP Manual

Microsoft Windows のコマンドラインでの PHP

この節では、PHP を Windows のコマンドラインで実行するときの注意点やヒントを説明します。

注意:

まず最初に 手動でのインストールの手順 を読みましょう!

特に Windows に手を加えなくても、PHP をコマンドラインから実行することはできます。

C:\PHP5\php.exe -f "C:\PHP Scripts\script.php" -- -arg1 -arg2 -arg3

しかし、次の手順に従えば、さらにシンプルに実行することができます。 この中にはすでに実行済みのものがあるかもしれませんが、順を追って進めていくために もう一度ここで説明しておきます。

このようにしておくと、どのディレクトリにあるスクリプトを実行するときにも PHP 実行ファイルのパスや拡張子 .PHP をタイプしなくて済むようになります。 また、スクリプトに渡すパラメータを指定することもできます。

次の例は、レジストリの変更の一部を示したものです。これらは手動で行うこともできます。

例1 レジストリの変更

Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Classes\.php]
@="phpfile"
"Content Type"="application/php"

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Classes\phpfile]
@="PHP Script"
"EditFlags"=dword:00000000
"BrowserFlags"=dword:00000008
"AlwaysShowExt"=""

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Classes\phpfile\DefaultIcon]
@="C:\\PHP5\\php-win.exe,0"

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Classes\phpfile\shell]
@="Open"

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Classes\phpfile\shell\Open]
@="&Open"

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Classes\phpfile\shell\Open\command]
@="\"C:\\PHP5\\php.exe\" -f \"%1\" -- %~2"

これらの変更をすれば、同じコマンドを次のように書くことができます。

"C:\PHP Scripts\script" -arg1 -arg2 -arg3
また、"C:\PHP Scripts" が環境変数 PATH に含まれていれば、次のように書くこともできます。
script -arg1 -arg2 -arg3

注意:

これらのテクニックを使って PHP スクリプトをコマンドラインフィルタとして使おうとすると、 ちょっとした問題が発生します。「コマンドラインフィルタとして使う」とは、たとえば

dir | "C:\PHP Scripts\script" -arg1 -arg2 -arg3
あるいは
dir | script -arg1 -arg2 -arg3
のように使うということです。 このようにすると、スクリプトがハングして何も出力されなくなります。 これをうまく動作させるには、さらにレジストリを変更しなければなりません。
Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\policies\Explorer]
"InheritConsoleHandles"=dword:00000001
この件に関する詳細な情報は » Microsoft Knowledgebase Article : 321788 を参照ください。


Windows システムへのインストール
PHP Manual

レンタルサーバー