Unix システムへのインストール
PHP Manual

OpenBSD へのインストール

このセクションでは、PHP を » OpenBSD 3.6 に インストールする場合に固有の注意事項とヒントについて説明します。

バイナリパッケージの使用

OpenBSD に PHP をインストールするには、バイナリパッケージを使用することが もっとも簡単で、また推奨される方法です。 コアパッケージは他のモジュールと分けられており、別個に インストールしたり、削除したりすることができます。OpenBSD の CD や FTP サイトから 必要なファイルを見つけることができます。

インストールに必要なメインのパッケージは php4-core-4.3.8.tgz です。これには基本エンジン (と gettext と iconv) が含まれています。次に、 php4-mysql-4.3.8.tgzphp4-imap-4.3.8.tgz のようなモジュールパッケージを 探してください。これらのモジュールを php.ini 上で有効/無効にするには phpxs コマンドを使用する必要があります。

例1 OpenBSD パッケージインストールの例

# pkg_add php4-core-4.3.8.tgz
# /usr/local/sbin/phpxs -s
# cp /usr/local/share/doc/php4/php.ini-recommended /var/www/conf/php.ini
  (add in mysql)
# pkg_add php4-mysql-4.3.8.tgz
# /usr/local/sbin/phpxs -a mysql
  (add in imap)
# pkg_add php4-imap-4.3.8.tgz
# /usr/local/sbin/phpxs -a imap
  (remove mysql as a test)
# pkg_delete php4-mysql-4.3.8
# /usr/local/sbin/phpxs -r mysql
  (install the PEAR libraries)
# pkg_add php4-pear-4.3.8.tgz

OpenBSD のバイナリパッケージに関する詳細は、man ページの » packages(7) を 参照してください。

Ports の使用

» ports ツリー を使って PHP のソースを コンパイルすることもできます。ただし、この方法は OpenBSD に詳しいユーザーにのみ 推奨されます。PHP 4 ポートは core, extensions の 2 つのサブディレクトリに 分割されています。extensions ディレクトリはサポートされているすべての PHP モジュールのサブパッケージを生成します。 これらのうちのいずれかのモジュールを生成したくない場合には、 no_* FLAVOR を使用してください。例えば、imap モジュール のビルドをスキップするには FLAVOR を no_imap に セットします。

一般的な問題点

過去のリリース

OpenBSD の過去のリリースは、静的にリンクされた PHP をコンパイルするために FLAVORS システムを使用していました。 この方法でバイナリパッケージを作成することは困難なため、 この方法は現在は使用されていません。 古い安定版の ports ツリーを使用することもできますが、 これらは OpenBSD チームによりサポートされていません。 これに関するコメントがある場合、port の現在の管理者は Anil Madhavapeddy (avsm at openbsd dot org) です。


Unix システムへのインストール
PHP Manual

レンタルサーバー