Unix システムへのインストール
PHP Manual

CGI およびコマンドライン

デフォルトでは、PHP は CLI および CGI プログラムとしてビルドされます。 これを使って CGI の処理を行うことができます。 PHP 側で対応するモジュールを用意しているウェブサーバーで実行するときには、 モジュールを使うほうがパフォーマンス面で有利です。 しかし、CGI 版にも利点があります。 PHP を含むページを別のユーザー ID で実行することができるということです。

警告

CGI モードで公開したサーバーは、いくつかの脆弱性の標的となる可能性があります。 これらの攻撃からサーバーを守る方法については、 CGI セキュリティ のセクションを参照してください。

テスト

PHP を CGI 版のプログラムとしてビルドした場合、make test とすることで、ビルドされたバイナリをテストすることが 可能です。常にビルド後のテストを行うことが推奨されます。これにより、 使用するプラットホームにおける PHP の問題を早期に見付けることが可能となり、 後になってその問題に苦しむことがなくなるでしょう。

環境変数の使用

いくつかのサーバーが提供する環境変数 は、現在の » CGI/1.1 規約 において定義されていません。以下の変数だけがこの規約で定義されています。 AUTH_TYPE, CONTENT_LENGTH, CONTENT_TYPE, GATEWAY_INTERFACE, PATH_INFO, PATH_TRANSLATED, QUERY_STRING, REMOTE_ADDR, REMOTE_HOST, REMOTE_IDENT, REMOTE_USER, REQUEST_METHOD, SCRIPT_NAME, SERVER_NAME, SERVER_PORT, SERVER_PROTOCOL, および SERVER_SOFTWARE 。 その他の環境変数は、「ベンダー拡張」として取り扱うべきです。


Unix システムへのインストール
PHP Manual

プラスアルファレンタルサーバー