PECL 拡張モジュールのインストール
PHP Manual

phpize で共有 PECL 拡張モジュールをコンパイルする方法

時には pecl インストーラを使用するという選択肢が使えない場合もあります。 たとえばファイアウォールの内部で作業をしている場合がそうですし、 まだリリースされていない SVN 版のように PECL パッケージ形式になっていないものをインストールする場合も それにあてはまります。このようなモジュールをビルドする必要がある場合は、 より低レベルなビルドツールを使用して手動でビルドします。

PHP 拡張モジュールのビルド環境を準備するために、 phpize コマンドを使用します。以下の例では、 拡張モジュールのソースが extname というディレクトリにあると仮定します。

$ cd extname
$ phpize
$ ./configure
$ make
# make install

上手くいけば、extname.so が作成され、 それが PHP の 拡張モジュールディレクトリ に置かれます。 この拡張モジュールを使用する前に、php.iniextension=extname.so という行を追加する必要があります。

コンパイル済みのパッケージ (RPM など) を使用している場合などで、もし phpize コマンドが見つからない場合は、適切な 開発版の PHP パッケージをインストールしましょう。 PHP や拡張モジュールをビルドするために必要なヘッダファイルや phpize コマンドは、このパッケージに含まれます。

使用法についての詳細な情報を表示するには、 phpize --help を実行します。


PECL 拡張モジュールのインストール
PHP Manual

プラスアルファレンタルサーバー