関数
PHP Manual

返り値

オプションの return 文により値を返すことができます。 配列やオブジェクトを含むあらゆる型を返すことができます。 これにより、関数の実行を任意の箇所で終了し、その関数を呼び出した 箇所に制御を戻すことが出来ます。詳細に関しては return を参照してください。

注意:

return を省略した場合は NULL を返します。

例1 return の使用法

<?php
function square($num)
{
    return 
$num $num;
}
echo 
square(4);   //  '16'を出力
?>

複数の値を返すことはできませんが、リストを返すことにより 同じ効果を得ることができます。

例2 複数の値を得るために配列を返す

<?php
function small_numbers()
{
    return array (
012);
}
list (
$zero$one$two) = small_numbers();
?>

関数からリファレンスを返すには、リファレンス演算子 & を関数宣 言部および変数への返り値を代入する際の両方で使用する必要があります。

例3 関数からリファレンスを返す

<?php
function &returns_reference()
{
    return 
$someref;
}

$newref =& returns_reference();
?>

リファレンスに関するさらに詳しい情報がリファレンスの説明にあります。


関数
PHP Manual

レンタルサーバー