URL 関数
PHP Manual

urlencode

(PHP 4, PHP 5)

urlencode文字列を URL エンコードする

説明

string urlencode ( string $str )

この関数は、URL の問い合わせ部分に使用する文字列のエンコードや 次のページへ変数を渡す際に便利です。

パラメータ

str

エンコードする文字列。

返り値

-_. を除くすべての非英数文字が % 記号 (%)に続く二桁の数字で置き換えられ、 空白は + 記号(+)にエンコードされます。 同様の方法で、WWW のフォームからポストされたデータはエンコードされ、 application/x-www-form-urlencoded メディア型も同様です。歴史的な理由により、この関数は » RFC 3986 エンコード( rawurlencode() を参照してください) とは異なり、 空白を + 記号にエンコードします。

例1 urlencode() の例

<?php
echo '<a href="mycgi?foo='urlencode($userinput), '">';
?>

例2 urlencode() および htmlentities() の例

<?php
$query_string 
'foo=' urlencode($foo) . '&bar=' urlencode($bar);
echo 
'<a href="mycgi?' htmlentities($query_string) . '">';
?>

注意

注意:

HTML エンティティにマッチする変数については注意が必要です。 &amp、&copy、&pound のようなものがブラウザから送信された 場合、エンティティの実体がその変数名の代わりに使用されます。 これは明らかな問題点であり、W3C が何年も指摘し続けてきたことです。 リファレンスは、» http://www.w3.org/TR/html4/appendix/notes.html#h-B.2.2 にあります。

PHP では、 .ini ディレクティブの arg_separator により引数のセパレータを W3C が推奨するセミコロンに変更することが可能です。残念なことに、多くの ユーザーエージントはこのセミコロン区切り形式でデータを送信しません。 よりポータブルな方法としては、セパレータに & の代わりに &amp; を使用するというものがあります。この場合、PHP の arg_separator を変更する必要はありません。セパレータを & のままにし、htmlentities() あるいは htmlspecialchars() で URL をエンコードしてください。

参考


URL 関数
PHP Manual

レンタルサーバー