エラー処理関数
PHP Manual

trigger_error

(PHP 4 >= 4.0.1, PHP 5, PHP 7)

trigger_errorユーザーレベルのエラー/警告/通知メッセージを生成する

説明

bool trigger_error ( string $error_msg [, int $error_type = E_USER_NOTICE ] )

ユーザーエラーを発生させるために使います。組み込みのエラーハンドラまたは新しいエラーハンドラ (set_error_handler()) として設定済みのユーザー定義関数と組み合わせて使うこともできます。

この関数は、実行時の例外に特定の応答を生成する必要がある場合に便利です。

パラメータ

error_msg

このエラーに割り当てられたメッセージ。長さは最大 1024 バイトまでです。1024 バイトを超える部分は切り捨てられます。

error_type

このエラーに割り当てられたエラー型です。E_USER 関連の定数のみが指定可能で、デフォルトは E_USER_NOTICE です。

返り値

この関数は、間違った error_type が指定された場合に FALSE を、それ以外の場合に TRUE を返します。

例1 trigger_error() の例

より拡張した例については set_error_handler() を参照ください。

<?php
if ($divisor == 0) {
    
trigger_error("ゼロで割ることはできません"E_USER_ERROR);
}
?>

注意

警告

error_msg の HTML エンティティはエスケープされません。エラーをブラウザに表示するのであれば、メッセージに htmlentities() を使います。

参考


エラー処理関数
PHP Manual

プラスアルファレンタルサーバー