Tokenizer 関数
PHP Manual

token_get_all

(PHP 4 >= 4.2.0, PHP 5)

token_get_all指定したソースを PHP トークンに分割する

説明

array token_get_all ( string $source )

token_get_all() は指定した文字列 source をパースし、Zend engine の 字句解析スキャナにより PHP 言語のトークンに分割します。

パーサトークンの一覧を得るには、パーサトークンの一覧 を参照するか、 あるいは token_name() でトークン値を文字列表現に 変換します。

パラメータ

source

パースする PHP ソース。

返り値

トークン ID の配列を返します。配列の各要素には、1 文字単位の文字列 (例: ;.>! など...)、 またはトークンのインデックスを 0 番目の要素、トークンの文字列表現を 1 番目の要素、 行番号を 2 番目の要素とする配列が含まれます。

例1 token_get_all() の例

<?php
$tokens 
token_get_all('<?php echo; ?>'); /* => array(
                                                  array(T_OPEN_TAG, '<?php'), 
                                                  array(T_ECHO, 'echo'),
                                                  ';',
                                                  array(T_CLOSE_TAG, '?>') ); */

/* 以下の例では、文字列が T_COMMENT (PHP <5 では T_ML_COMMENT)
   ではなく T_INLINE_HTML とパースされていることに注意しましょう。
   これは、指定した "code" の中に開始タグ/終了タグが含まれていないからです。
   通常のファイルで、コメントを <?php ?> タグの外部に書いた場合にも同じようになります。 */
$tokens token_get_all('/* comment */'); // => array(array(T_INLINE_HTML, '/* comment */'));
?>

変更履歴

バージョン 説明
5.2.2 2 番目の要素として行番号を返すようになりました。


Tokenizer 関数
PHP Manual

レンタルサーバー