ファイルシステム 関数
PHP Manual

tmpfile

(PHP 4, PHP 5, PHP 7)

tmpfileテンポラリファイルを作成する

説明

resource tmpfile ( void )

書き込み可のモード (w+) でユニークな名前を有するテンポラリファイルを作成し、 ファイルハンドルを返します。

(fclose()を呼んだり、tmpfile() が返すファイルハンドルへの参照がなくなったりして) ファイルをクローズした場合や、スクリプトが終了したりしたときに、このファイルは自動的に削除されます。

詳細については、関数 tmpfile(3) のシステムドキュメント、およびヘッダファイル stdio.h を参照ください。

返り値

ファイルのハンドルを返します。 これは、 fopen() により返されるハンドルと同じものです。 失敗した場合に FALSE を返します。

例1 tmpfile() の例

<?php
$temp 
tmpfile();
fwrite($temp"writing to tempfile");
fseek($temp0);
echo 
fread($temp1024);
fclose($temp); // ファイルを削除します
?>

上の例の出力は以下となります。

writing to tempfile

参考


ファイルシステム 関数
PHP Manual

プラスアルファレンタルサーバー