日付・時刻 関数
PHP Manual

strftime

(PHP 4, PHP 5)

strftime ロケールの設定に基づいてローカルな日付・時間をフォーマットする

説明

string strftime ( string $format [, int $timestamp = time() ] )

ローカルの時刻・日付を、ロケール設定にもとづいてフォーマットします。 月および曜日の名前、およびその他の言語依存の文字列は、 setlocale() で設定された現在のロケールを尊重して表示されます。

使用する C ライブラリで、すべての変換指定子がサポートされているとは限りません。 そのような場合、該当する変換指定子は PHP の strftime() ではサポートされません。 また、全てのプラットフォームが負のタイムスタンプをサポートしているわけではないため、 Unix Epoch (1970 年 1 月 1 日)以前の日付を扱えないかもしれません。 つまり、Windows や一部の Linux ディストリビューション、そしてその他のごく一部の オペレーティングシステム上では %e、%T、%R および %D (あるいはこれ以外も) が Jan 1, 1970 より前の日付について動作しないということです。 Windwos システム上でサポートされる変換指定子の概要については、 » MSDN に掲載されています。

パラメータ

format

次の変換指定子が format パラメータ用の文字列として認識されます
format 説明 返り値の例
--- ---
%a 短縮された曜日の名前 Sun から Sat
%A 完全な曜日の名前 Sunday から Saturday
%d 10 進数で 2 桁の日付 (先頭のゼロつき) 01 から 31
%e 1 桁の場合は先頭にスペースをいれた日付。 Windows ではそのようには実装されていません。詳細は以下を参照ください。 1 から 31
%j 3 桁で先頭にゼロを含む年間での日付 001 から 366
%u ISO-8601 数値表現であらわした曜日 1 (月曜日) から 7 (土曜日)
%w 数値表現であらわした曜日 0 (日曜日) から 6 (土曜日)
--- ---
%U 指定した年の週番号。最初の日曜日を第一週の開始日とする 13 (年間の第 13 週の場合)
%V ISO-8601:1988 で規定された、指定した年の週番号。 週の開始日は月曜日で、第 1 週は少なくとも 4 日はあることになる 01 から 53 (53 は年をまたがる週になります)
%W その年の週番号の数値表現。最初の月曜日を最初の週の初日とする 46 (46 番目の週の場合。開始日は月曜日)
--- ---
%b 現在のロケールに基づく短縮された月の名前 Jan から Dec
%B 現在のロケールに基づく完全な月の名前 January から December
%h 現在のロケールに基づく短縮された月の名前 (%b のエイリアス) Jan から Dec
%m 2 桁であらわした月 01 (1 月) から 12 (12 月)
--- ---
%C 2 桁であらわした世紀 (年を 100 で割り、整数に丸めたもの) 20 正規の場合は 19
%g 2 桁であらわした年。ISO-8601:1988 標準形式 (%V を参照) 2009 年 1 月 6 日の場合は 09
%G %g の 4 桁完全版 2009 年 1 月 3 日の場合は 2009
%y 2 桁であらわした年 2009 年の場合は 09、1979 年の場合は 79
%Y 4 桁であらわした年 2038
--- ---
%H 2 桁であらわした 24 時間制の時間 00 から 23
%k 2 桁であらわした 24 時間制の時間で、1 桁の場合は先頭にスペースをつけたもの 0 から 23
%I 2 桁であらわした 12 時間制の時間 01 から 12
%l (小文字の 'L') 12 時間制の時間で、1 桁の場合は先頭にスペースをつけたもの 1 から 12
%M 2 桁であらわした分 00 から 59
%p 指定した時刻に応じた大文字の 'AM' あるいは 'PM' 00:31 なら AM、22:23 なら PM
%P 指定した時刻に応じた小文字の 'am' あるいは 'pm' 00:31 なら am、22:23 なら pm
%r "%I:%M:%S %p" と同じ 21:34:17 なら 09:34:17 PM
%R "%H:%M" と同じ 12:35 AM なら 00:35、4:44 PM なら 16:44
%S 2 桁であらわした秒 00 から 59
%T "%H:%M:%S" と同じ 09:34:17 PM なら 21:34:17
%X ロケールに基づいた時刻の表現。日付は含まない 03:59:16 あるいは 15:59:16
%z タイムゾーンオフセット。Windows では違う実装になっています。詳細は後述します。 東海岸時刻なら -0500
%Z タイムゾーンの略称。Windows では違う実装になっています。詳細は後述します。 東海岸時刻なら EST
タイムスタンプ --- ---
%c 現在のロケールにもとづく日付と時間の表現 2009 年 2 月 5 日 午前 12:45:10 なら Tue Feb 5 00:45:10 2009
%D "%m/%d/%y" と同じ 2009 年 2 月 5 日なら 02/05/09
%F "%Y-%m-%d" と同じ (データベースのタイムスタンプとして一般的) 2009 年 2 月 5 日なら 2009-02-05
%s Unix エポックからのタイムスタンプ (time() 関数と同じ) 1979 年 9 月 10 日午前 08:40:00 なら 305815200
%x 現在のロケールにもとづく日付の表現 (時間は除く) 2009 年 2 月 5 日なら 02/05/09
その他 --- ---
%n 改行文字 ("\n") ---
%t タブ文字 ("\t") ---
%% パーセント文字 ("%") ---

このパラメータの最大長は 1023 文字です。

警告

ISO-9889:1999 に反して、Sun Solaris は日曜日を 1 としています。 そのため、%u はこのマニュアルの説明どおりに機能しないかもしれません。

警告

Windows 限定:

Windows 上では %e に対応していません。 この値が欲しければ、代わりに %#d を使いましょう。 クロスプラットフォーム対応の関数を書く方法をこの後の例で示します。

%z%Z は、どちらもタイムゾーン名を返します。オフセットや略称は返しません。

警告

Mac OS X 限定: %P 修飾子は Mac OS X 版の実装ではサポートされていません。

timestamp

オプションのパラメータ timestamp は、 integer 型の Unix タイムスタンプです。 timestamp が指定されなかった場合のデフォルト値は、 現在の時刻です。言い換えると、デフォルトは time() の返り値となります。

返り値

指定した timestamp または timestamp が指定されていない場合に現在のローカル時間を用いて、 指定したフォーマット文字列に基づき文字列をフォーマットして返します。 月および曜日の名前、およびその他の言語依存の文字列は、 setlocale() で設定された現在のロケールを尊重して表示されます。

エラー / 例外

すべての日付/時刻関数は、 有効なタイムゾーンが設定されていない場合に E_NOTICE を発生させます。また、システム設定のタイムゾーンあるいは環境変数 TZ を使用した場合には E_STRICT あるいは E_WARNING を発生させます。 date_default_timezone_set() も参照ください。

出力内容は元となった C ライブラリに依存するため、サポートしていない変換指定子もあります。 Windows では、対応していない変換指定子を渡すと 5 つの E_WARNING メッセージが出て FALSE を返します。 その他のオペレーティングシステムでは特に E_WARNING メッセージは出ず、 変換指定子が (変換されずに) そのまま出力されます。

変更履歴

バージョン 説明
5.1.0

タイムゾーンがおかしい場合に E_STRICTE_NOTICE が発生するようになりました。

この例は、それぞれのロケールがシステムにインストールされている場合にのみ動作します。

例1 strftime() のロケールの例

<?php
setlocale
(LC_TIME"C");
echo 
strftime("%A");
setlocale(LC_TIME"fi_FI");
echo 
strftime(" in Finnish is %A,");
setlocale(LC_TIME"fr_FR");
echo 
strftime(" in French %A and");
setlocale(LC_TIME"de_DE");
echo 
strftime(" in German %A.\n");
?>

例2 ISO 8601:1988 の週番号の例

<?php
/*     December 2002 / January 2003
ISOWk  M   Tu  W   Thu F   Sa  Su
----- ----------------------------
51     16  17  18  19  20  21  22
52     23  24  25  26  27  28  29
1      30  31   1   2   3   4   5
2       6   7   8   9  10  11  12
3      13  14  15  16  17  18  19   */

// Outputs: 12/28/2002 - %V,%G,%Y = 52,2002,2002
echo "12/28/2002 - %V,%G,%Y = " strftime("%V,%G,%Y"strtotime("12/28/2002")) . "\n";

// Outputs: 12/30/2002 - %V,%G,%Y = 1,2003,2002
echo "12/30/2002 - %V,%G,%Y = " strftime("%V,%G,%Y"strtotime("12/30/2002")) . "\n";

// Outputs: 1/3/2003 - %V,%G,%Y = 1,2003,2003
echo "1/3/2003 - %V,%G,%Y = " strftime("%V,%G,%Y",strtotime("1/3/2003")) . "\n";

// Outputs: 1/10/2003 - %V,%G,%Y = 2,2003,2003
echo "1/10/2003 - %V,%G,%Y = " strftime("%V,%G,%Y",strtotime("1/10/2003")) . "\n";



/*     December 2004 / January 2005
ISOWk  M   Tu  W   Thu F   Sa  Su
----- ----------------------------
51     13  14  15  16  17  18  19
52     20  21  22  23  24  25  26
53     27  28  29  30  31   1   2
1       3   4   5   6   7   8   9
2      10  11  12  13  14  15  16   */

// Outputs: 12/23/2004 - %V,%G,%Y = 52,2004,2004
echo "12/23/2004 - %V,%G,%Y = " strftime("%V,%G,%Y",strtotime("12/23/2004")) . "\n";

// Outputs: 12/31/2004 - %V,%G,%Y = 53,2004,2004
echo "12/31/2004 - %V,%G,%Y = " strftime("%V,%G,%Y",strtotime("12/31/2004")) . "\n";

// Outputs: 1/2/2005 - %V,%G,%Y = 53,2004,2005
echo "1/2/2005 - %V,%G,%Y = " strftime("%V,%G,%Y",strtotime("1/2/2005")) . "\n";

// Outputs: 1/3/2005 - %V,%G,%Y = 1,2005,2005
echo "1/3/2005 - %V,%G,%Y = " strftime("%V,%G,%Y",strtotime("1/3/2005")) . "\n";

?>

例3 %e 修飾子を使う、クロスプラットフォーム対応の例

<?php

// Jan 1: はこのようになります。'%e%1%' (%%, e, %%, %e, %%)
$format '%%e%%%e%%';

// Windows かどうかをチェックし、%e 修飾子を
// 適切に置換します
if (strtoupper(substr(PHP_OS03)) == 'WIN') {
    
$format preg_replace('#(?<!%)((?:%%)*)%e#''\1%#d'$format);
}

echo 
strftime($format);
?>

例4 すべての書式の表示

<?php
// 書式についての説明
$strftimeFormats = array(
    
'A' => 'A full textual representation of the day',
    
'B' => 'Full month name, based on the locale',
    
'C' => 'Two digit representation of the century (year divided by 100, truncated to an integer)',
    
'D' => 'Same as "%m/%d/%y"',
    
'E' => '',
    
'F' => 'Same as "%Y-%m-%d"',
    
'G' => 'The full four-digit version of %g',
    
'H' => 'Two digit representation of the hour in 24-hour format',
    
'I' => 'Two digit representation of the hour in 12-hour format',
    
'J' => '',
    
'K' => '',
    
'L' => '',
    
'M' => 'Two digit representation of the minute',
    
'N' => '',
    
'O' => '',
    
'P' => 'lower-case "am" or "pm" based on the given time',
    
'Q' => '',
    
'R' => 'Same as "%H:%M"',
    
'S' => 'Two digit representation of the second',
    
'T' => 'Same as "%H:%M:%S"',
    
'U' => 'Week number of the given year, starting with the first Sunday as the first week',
    
'V' => 'ISO-8601:1988 week number of the given year, starting with the first week of the year with at least 4 weekdays, with Monday being the start of the week',
    
'W' => 'A numeric representation of the week of the year, starting with the first Monday as the first week',
    
'X' => 'Preferred time representation based on locale, without the date',
    
'Y' => 'Four digit representation for the year',
    
'Z' => 'The time zone offset/abbreviation option NOT given by %z (depends on operating system)',
    
'a' => 'An abbreviated textual representation of the day',
    
'b' => 'Abbreviated month name, based on the locale',
    
'c' => 'Preferred date and time stamp based on local',
    
'd' => 'Two-digit day of the month (with leading zeros)',
    
'e' => 'Day of the month, with a space preceding single digits',
    
'f' => '',
    
'g' => 'Two digit representation of the year going by ISO-8601:1988 standards (see %V)',
    
'h' => 'Abbreviated month name, based on the locale (an alias of %b)',
    
'i' => '',
    
'j' => 'Day of the year, 3 digits with leading zeros',
    
'k' => 'Hour in 24-hour format, with a space preceding single digits',
    
'l' => 'Hour in 12-hour format, with a space preceding single digits',
    
'm' => 'Two digit representation of the month',
    
'n' => 'A newline character ("\n")',
    
'o' => '',
    
'p' => 'UPPER-CASE "AM" or "PM" based on the given time',
    
'q' => '',
    
'r' => 'Same as "%I:%M:%S %p"',
    
's' => 'Unix Epoch Time timestamp',
    
't' => 'A Tab character ("\t")',
    
'u' => 'ISO-8601 numeric representation of the day of the week',
    
'v' => '',
    
'w' => 'Numeric representation of the day of the week',
    
'x' => 'Preferred date representation based on locale, without the time',
    
'y' => 'Two digit representation of the year',
    
'z' => 'Either the time zone offset from UTC or the abbreviation (depends on operating system)',
    
'%' => 'A literal percentage character ("%")',
);

// 結果
$strftimeValues = array();

// 書式を評価してエラーを抑制します
foreach($strftimeFormats as $format => $description){
    if (
False !== ($value = @strftime("%{$format}"))){
        
$strftimeValues[$format] = $value;
    }
}

// 最長の値を探します
$maxValueLength max(array_map('strlen'$strftimeValues));

// 既知の書式を表示します
foreach($strftimeValues as $format => $value){
    echo 
"Known format   : '{$format}' = "str_pad("'{$value}'"$maxValueLength), " ( {$strftimeFormats[$format]} )\n";
}

// 未知の書式を表示します
foreach(array_diff_key($strftimeFormats$strftimeValues) as $format => $description){
    echo 
"Unknown format : '{$format}'   "str_pad(' '$maxValueLength), ($description " ( {$description} )" ''), "\n";
}
?>

上の例の出力は、 たとえば以下のようになります。

Known format   : 'A' = 'Friday'            ( A full textual representation of the day )
Known format   : 'B' = 'December'          ( Full month name, based on the locale )
Known format   : 'H' = '11'                ( Two digit representation of the hour in 24-hour format )
Known format   : 'I' = '11'                ( Two digit representation of the hour in 12-hour format )
Known format   : 'M' = '24'                ( Two digit representation of the minute )
Known format   : 'S' = '44'                ( Two digit representation of the second )
Known format   : 'U' = '48'                ( Week number of the given year, starting with the first Sunday as the first week )
Known format   : 'W' = '48'                ( A numeric representation of the week of the year, starting with the first Monday as the first week )
Known format   : 'X' = '11:24:44'          ( Preferred time representation based on locale, without the date )
Known format   : 'Y' = '2010'              ( Four digit representation for the year )
Known format   : 'Z' = 'GMT Standard Time' ( The time zone offset/abbreviation option NOT given by %z (depends on operating system) )
Known format   : 'a' = 'Fri'               ( An abbreviated textual representation of the day )
Known format   : 'b' = 'Dec'               ( Abbreviated month name, based on the locale )
Known format   : 'c' = '12/03/10 11:24:44' ( Preferred date and time stamp based on local )
Known format   : 'd' = '03'                ( Two-digit day of the month (with leading zeros) )
Known format   : 'j' = '337'               ( Day of the year, 3 digits with leading zeros )
Known format   : 'm' = '12'                ( Two digit representation of the month )
Known format   : 'p' = 'AM'                ( UPPER-CASE "AM" or "PM" based on the given time )
Known format   : 'w' = '5'                 ( Numeric representation of the day of the week )
Known format   : 'x' = '12/03/10'          ( Preferred date representation based on locale, without the time )
Known format   : 'y' = '10'                ( Two digit representation of the year )
Known format   : 'z' = 'GMT Standard Time' ( Either the time zone offset from UTC or the abbreviation (depends on operating system) )
Known format   : '%' = '%'                 ( A literal percentage character ("%") )
Unknown format : 'C'                       ( Two digit representation of the century (year divided by 100, truncated to an integer) )
Unknown format : 'D'                       ( Same as "%m/%d/%y" )
Unknown format : 'E'
Unknown format : 'F'                       ( Same as "%Y-%m-%d" )
Unknown format : 'G'                       ( The full four-digit version of %g )
Unknown format : 'J'
Unknown format : 'K'
Unknown format : 'L'
Unknown format : 'N'
Unknown format : 'O'
Unknown format : 'P'                       ( lower-case "am" or "pm" based on the given time )
Unknown format : 'Q'
Unknown format : 'R'                       ( Same as "%H:%M" )
Unknown format : 'T'                       ( Same as "%H:%M:%S" )
Unknown format : 'V'                       ( ISO-8601:1988 week number of the given year, starting with the first week of the year with at least 4 weekdays, with Monday being the start of the week )
Unknown format : 'e'                       ( Day of the month, with a space preceding single digits )
Unknown format : 'f'
Unknown format : 'g'                       ( Two digit representation of the year going by ISO-8601:1988 standards (see %V) )
Unknown format : 'h'                       ( Abbreviated month name, based on the locale (an alias of %b) )
Unknown format : 'i'
Unknown format : 'k'
Unknown format : 'l'                       ( Hour in 12-hour format, with a space preceding single digits )
Unknown format : 'n'                       ( A newline character ("\n") )
Unknown format : 'o'
Unknown format : 'q'
Unknown format : 'r'                       ( Same as "%I:%M:%S %p" )
Unknown format : 's'                       ( Unix Epoch Time timestamp )
Unknown format : 't'                       ( A Tab character ("\t") )
Unknown format : 'u'                       ( ISO-8601 numeric representation of the day of the week )
Unknown format : 'v'

注意

注意: ISO 8601:1988 week numbers に基づいている %G と %V は、 もしナンバリングシステムが完全に理解されていなければ 期待とは違う結果をもたらします。 このマニュアルの %V の例を参照ください。

参考


日付・時刻 関数
PHP Manual

レンタルサーバー