ストリーム 関数
PHP Manual

stream_socket_client

(PHP 5, PHP 7)

stream_socket_clientインターネットドメインまたは Unix ドメインのソケット接続を開く

説明

resource stream_socket_client ( string $remote_socket [, int &$errno [, string &$errstr [, float $timeout = ini_get("default_socket_timeout") [, int $flags = STREAM_CLIENT_CONNECT [, resource $context ]]]]] )

remote_socket で指定された接続先との、 ストリームまたはデータグラム接続を確立します。 作成されるソケットのタイプは、[トランスポート]://[ターゲット] という形式の URL フォーマットによって指定された トランスポートによって決定されます。 TCP や UDP といったインターネットドメインのソケット (AF_INET) には、remote_socket パラメータの ターゲット の部分は、ホスト名または IP アドレスと、 それに続くコロンで区切られたポート番号から構成されていなければなりません。 Unix ドメインのソケットの場合は、ターゲット の部分は、ファイルシステムにおけるソケットのファイルを指定しなくては いけません。

注意:

ストリームはデフォルトではブロックモードで開かれますが、 stream_set_blocking() を使うことで非ブロックモードに 変更することができます。

パラメータ

remote_socket

接続するソケットのアドレス。

errno

接続に失敗した場合にシステムレベルのエラー番号が設定されます。

errstr

接続に失敗した場合にシステムレベルのエラーメッセージが設定されます。

timeout

connect() システムコールがタイムアウトとなるまでの秒数。

注意: このパラメータが適用されるのは、非同期通信を試みていない場合のみです。

注意:

ソケット上のデータの読み書きに関してタイムアウトを設定する必要がある場合は、 stream_set_timeout() を使ってください。 stream_socket_client() に渡される timeout は、ソケットの接続時にのみ適用されます。

flags

接続設定フラグの任意の組み合わせを指定できるビットフィールドです。 現在、接続設定フラグとして選択できる値は、 STREAM_CLIENT_CONNECT(デフォルト)、 STREAM_CLIENT_ASYNC_CONNECTSTREAM_CLIENT_PERSISTENT のみです。

context

stream_context_create() で作成した有効なコンテキストリソース。

返り値

成功した場合に、 fgets(), fgetss(), fwrite(), fclose(), feof() といった、ファイル関数と共に使うことのできるストリームリソースを返します。

エラー / 例外

失敗した場合は、errnoerrstr に システムレベルの connect() 関数の実行時に発生したシステムレベルのエラーを表す値を返します。 もし、errno に返された値が 0 で、かつ、 この関数が FALSE を返した時は、 connect() システムコールの前に何らかのエラーが 発生したことを示しています。これは、多くの場合、ソケットの初期化 に失敗したことで起こります。errnoerrstr パラメータは常に参照渡しされることに 留意してください。

例1 stream_socket_client() の例

<?php
$fp 
stream_socket_client("tcp://www.example.com:80"$errno$errstr30);
if (!
$fp) {
    echo 
"$errstr ($errno)<br />\n";
} else {
    
fwrite($fp"GET / HTTP/1.0\r\nHost: www.example.com\r\nAccept: */*\r\n\r\n");
    while (!
feof($fp)) {
        echo 
fgets($fp1024);
    }
    
fclose($fp);
}
?>

例2 UDP 接続の使用

ローカルホスト上で動いている UDP サービスの "daytime" (ポート 13) で日時の情報を取得します。

<?php
$fp 
stream_socket_client("udp://127.0.0.1:13"$errno$errstr);
if (!
$fp) {
    echo 
"ERROR: $errno - $errstr<br />\n";
} else {
    
fwrite($fp"\n");
    echo 
fread($fp26);
    
fclose($fp);
}
?>

注意

警告

UDP ソケットは、リモートホストに到達できなくても エラーを発生せず、開いているかような状態になることがありす。 このエラーは、実際にソケットに対して、読み込みや書き込み動作を 行ってみないと判断できません。原因としては、UDP が非接続型の プロトコルであることが挙げられます。つまり、実際にデータを 送受信する段階になるまで、OS の側では接続を確立しようとしないという ことです。

注意: 数値で IPv6 アドレスを指定するときは、 (例 fe80::1) アドレスを角カッコでくくらなくてはなりません。たとえば、 tcp://[fe80::1]:80.

注意:

環境により、Unix ドメインや接続タイムアウトが利用できない場合があります。 有効なトランスポートのリストは、stream_get_transports() で取得できます。組み込むのポートの一覧については、 サポートされるソケットトランスポートのリスト を参照ください。

参考


ストリーム 関数
PHP Manual

プラスアルファレンタルサーバー