ストリーム 関数
PHP Manual

stream_set_timeout

(PHP 4 >= 4.3.0, PHP 5, PHP 7)

stream_set_timeoutストリームにタイムアウトを設定する

説明

bool stream_set_timeout ( resource $stream , int $seconds [, int $microseconds = 0 ] )

stream にタイムアウトの値を設定します。 この値は、secondsmicroseconds の和で表されます。

ストリームがタイムアウトとなった場合は、 stream_get_meta_data() が返す配列のキー 'timed_out' の値が TRUE に設定されます。エラーや警告が発生していなくても同様になります。

パラメータ

stream

対象となるストリーム。

seconds

設定したいタイムアウトの秒数部分。

microseconds

設定したいタイムアウトのマイクロ秒数部分。

返り値

成功した場合に TRUE を、失敗した場合に FALSE を返します。

変更履歴

バージョン 説明
4.3.0 PHP 4.3 より、この関数は、(潜在的には)どの種類の ストリームに対しても機能するようになりました。 PHP 4.3 では、ソケットベースのストリームが、 唯一この関数でサポートされている種類でしたが、他の拡張モジュール由来の モジュールはこの機能をサポートしているかもしれません。

例1 stream_set_timeout() の例

<?php
$fp 
fsockopen("www.example.com"80);
if (!
$fp) {
    echo 
"開けません\n";
} else {

    
fwrite($fp"GET / HTTP/1.0\r\n\r\n");
    
stream_set_timeout($fp2);
    
$res fread($fp2000);

    
$info stream_get_meta_data($fp);
    
fclose($fp);

    if (
$info['timed_out']) {
        echo 
'Connection timed out!';
    } else {
        echo 
$res;
    }

}
?>

注意

注意:

この関数では、stream_socket_recvfrom() のような 高度な操作はできません。そのかわりに、timeout パラメータを指定して stream_select() を使用してください。

この関数は、以前は set_socket_timeout() 、その後は socket_set_timeout() と呼ばれたこともありましたが、 これらの利用は推奨されません。

参考


ストリーム 関数
PHP Manual

プラスアルファレンタルサーバー