ストリーム 関数
PHP Manual

stream_context_create

(PHP 4 >= 4.3.0, PHP 5, PHP 7)

stream_context_createストリームコンテキストを作成する

説明

resource stream_context_create ([ array $options [, array $params ]] )

options に、 指定されたオプションが予め設定されたストリームコンテキストを作成し、 それを返します。

パラメータ

options

次のような形式の連想配列からなる連想配列でなくてはなりません。 $arr['wrapper']['option'] = $value 使用可能はラッパーやオプションの一覧は コンテキストオプション を参照ください。

デフォルトは空の配列です。

params

$arr['parameter'] = $value 形式の連想配列でなくてばなりません。 標準のストリームパラメータについては コンテキストパラメータ を参照ください。

返り値

ストリームコンテキストリソースを返します。

変更履歴

バージョン 説明
5.3.0 オプションの引数 params が追加されました。

例1 stream_context_create() の使用

<?php
$opts 
= array(
  
'http'=>array(
    
'method'=>"GET",
    
'header'=>"Accept-language: en\r\n" .
              
"Cookie: foo=bar\r\n"
  
)
);

$context stream_context_create($opts);

/* 上のヘッダと共に http リクエストを www.example.com に対して
   送出します */
$fp fopen('http://www.example.com''r'false$context);
fpassthru($fp);
fclose($fp);
?>

参考


ストリーム 関数
PHP Manual

プラスアルファレンタルサーバー