ソケット 関数
PHP Manual

socket_write

(PHP 4 >= 4.1.0, PHP 5, PHP 7)

socket_writeソケットに書き込む

説明

int socket_write ( resource $socket , string $buffer [, int $length = 0 ] )

関数 socket_write() は、 buffer の内容をソケット socket に書き込みます。

パラメータ

socket

buffer

書き込まれるバッファ。

length

オプションのパラメータ length で、 ソケットに書き込むバイト数を指定することが可能です。 この値がバッファの長さより大きい場合、自動的にバッファのサイズに切り詰められます。

返り値

ソケットへの書き込みに成功したデータのバイト数を返します。失敗した場合に FALSE を返します。 エラーコードは socket_last_error() を用いて取得することができ、この値を socket_strerror() に渡すことでエラー情報を文字列で取得可能です。

注意:

socket_write() がゼロを返すことも十分ありえます。 これは、書き込むデータが存在しなかったことを意味します。 エラーをチェックするために FALSE かどうかを調べる際には、必ず === 演算子を使用しましょう。

注意

注意:

socket_write() は、バッファの内容を必ずしもすべて 書き込むとは限りません。ネットワークバッファの状態にもよりますが、 たとえ 1 バイトだけ書き込まれたのであったとしても、それはエラーではなく正常な動作です。 そのため、データがすべて書き込まれたのかどうかに注意する必要があります。

参考


ソケット 関数
PHP Manual

プラスアルファレンタルサーバー