ソケット 関数
PHP Manual

socket_accept

(PHP 4 >= 4.1.0, PHP 5, PHP 7)

socket_acceptソケットへの接続を許可する

説明

resource socket_accept ( resource $socket )

socket_create() を使用してソケット socket を作成した後、 socket_bind() で名前に関連付け、 socket_listen() で接続をモニタします。この関数は、 このソケットへの接続を許可します。接続に成功すると、新規の ソケット記述子が返されます。この記述子は通信の際に使用されます。 ソケット上に複数の接続がキューで待っている場合、最初の接続が使用 されます。接続待ちがない場合、socket_accept() は接続が存在するまでブロックされます。 socketsocket_set_blocking() または socket_set_nonblock() により非ブロックモードで 作成された場合、FALSE が返されます。

socket_accept() により返されたソケットリソースは、 新規接続を許可するために使用することはできません。この場合でも 元の接続待ちのソケット socket は オープンされたままであり、再使用可能です。

パラメータ

socket

socket_create() で作成したソケットリソース。

返り値

成功した場合に新規ソケットリソースを、エラー時に FALSE を返します。 実際のエラーコードは、socket_last_error() を コールすることで取得可能です。このコードを socket_strerror() に渡すことで、 エラーの内容を文字列で取得することが可能です。

参考


ソケット 関数
PHP Manual

プラスアルファレンタルサーバー