配列 関数
PHP Manual

reset

(PHP 4, PHP 5, PHP 7)

reset配列の内部ポインタを先頭の要素にセットする

説明

mixed reset ( array &$array )

reset() は、array の内部ポインタの先頭の要素に戻し、配列の最初の要素の値を返します。

パラメータ

array

入力の配列。

返り値

配列の最初の要素の値を返します。 配列が空の場合 FALSE を返します。

警告

この関数は論理値 FALSE を返す可能性がありますが、FALSE として評価される値を返す可能性もあります。 詳細については 論理値の セクションを参照してください。この関数の返り値を調べるには ===演算子 を 使用してください。

例1 reset() の例

<?php

$array 
= array('step one''step two''step three''step four');

// デフォルトでは、ポインタは先頭要素を指しています
echo current($array) . "<br />\n"// "step one"

// 次の2ステップをとばします
next($array);
next($array);
echo 
current($array) . "<br />\n"// "step three"

// ポインタをリセットし、再度ステップ1開始します
reset($array);
echo 
current($array) . "<br />\n"// "step one"

?>

注意

注意: The return value for an empty array is indistinguishable from the return value in case of an array which has a boolean FALSE first element. To properly check the value of the first element of an array which may contain FALSE elements, first check the count() of the array, or check that key() is not NULL, after calling reset().

参考


配列 関数
PHP Manual

プラスアルファレンタルサーバー