PCRE 関数
PHP Manual

preg_replace_callback

(PHP 4 >= 4.0.5, PHP 5)

preg_replace_callback正規表現検索を行い、コールバック関数を使用して置換を行う

説明

mixed preg_replace_callback ( mixed $pattern , callable $callback , mixed $subject [, int $limit = -1 [, int &$count ]] )

この関数の動作は、ほぼ preg_replace() と同じですが、 replacement の代わりに callback を指定するところが異なります。

パラメータ

pattern

検索するパターン。 文字列あるいは文字列の配列のいずれかとなります。

callback

このコールバック関数は、検索対象文字列でマッチした要素の配列が指定されて コールされます。このコールバック関数は、置換後の文字列を返す必要があります。 コールバックのシグネチャは、次のとおりです。

string handler ( array $matches )

preg_replace_callback() 用の callback 関数が、 ひとつの場所だけで必要となることがあります。 そんな場合は、 無名関数 を使って宣言した無名関数を preg_replace_callback() のコール時に使用します。 このようにすることにより、コールに関するすべての情報を 1 ヶ所に集め、 他の場所で使用されないコールバック関数名で関数の名前空間を 汚染しないようにすることができます。

例1 preg_replace_callback() と無名関数

<?php
/* Unix 方式のコマンドラインフィルタです。
 * 段落の冒頭の大文字を、小文字に変換します。*/
$fp fopen("php://stdin""r") or die("標準入力から読み込めません");
while (!
feof($fp)) {
    
$line fgets($fp);
    
$line preg_replace_callback(
        
'|<p>\s*\w|',
        function (
$matches) {
            return 
strtolower($matches[0]);
        },
        
$line
    
);
    echo 
$line;
}
fclose($fp);
?>

subject

文字列あるいは文字列の配列で、 検索および置換の対象となる文字列を指定します。

limit

subject 文字列における 各パターンの最大置換回数。デフォルトは -1 (無制限) です。

count

指定した場合は、置換を行った回数がここに格納されます。

返り値

preg_replace_callback() は、 subject が配列の場合には配列を、 それ以外の場合は文字列を返します。 エラー時の返り値は NULL となります。

マッチするものが見つかった場合は新しい subject を返し、それ以外の場合はもとの subject をそのまま返します。

変更履歴

バージョン 説明
5.1.0 パラメータ count が追加されました。

例2 preg_replace_callback() の例

<?php
// このテキストは 2002 に使われていたものなのですが、
// これを 2003 年対応の日付に変更したいのです
$text "エイプリルフールの日付は 04/01/2002 です\n";  
$text.= "この前のクリスマスの日付は 12/24/2001 でした\n";  
// コールバック関数
function next_year($matches)
{
  
// 通常は、$matches[0] がマッチした全体を表します。
  // $matches[1] は、マッチした中で、パターン内の最初の '(...)'
  // にあてはまる部分を表します。それ以降も同様です。
  
return $matches[1].($matches[2]+1);
}
echo 
preg_replace_callback(
            
"|(\d{2}/\d{2}/)(\d{4})|",
            
"next_year",
            
$text);

?>

上の例の出力は以下となります。

エイプリルフールの日付は 04/01/2003 です
この前のクリスマスの日付は 12/24/2002 でした

例3 カプセル化された BB code を処理するための、 preg_replace_callback() での再帰構造の使用

<?php
$input 
"通常の位置 [indent] 字下げ [indent] もっと字下げ [/indent] 字下げ [/indent] 通常の位置"

function 
parseTagsRecursive($input)
{

    
$regex '#\[indent]((?:[^[]|\[(?!/?indent])|(?R))+)\[/indent]#';

    if (
is_array($input)) {
        
$input '<div style="margin-left: 10px">'.$input[1].'</div>';
    }

    return 
preg_replace_callback($regex'parseTagsRecursive'$input);
}

$output parseTagsRecursive($input);

echo 
$output;
?>

参考


PCRE 関数
PHP Manual

レンタルサーバー