PCRE 関数
PHP Manual

preg_replace_callback_array

(PHP 7)

preg_replace_callback_array正規表現検索を行い、コールバック関数を使用して置換を行う

説明

mixed preg_replace_callback_array ( array $patterns_and_callbacks , mixed $subject [, int $limit = -1 [, int &$count ]] )

この関数の動作は、preg_replace_callback() に似ていますが、 コールバック関数が、パターン単位ペースで実行されるところが異なります。

パラメータ

patterns_and_callbacks

パターンをキーとし、コールバック関数を値とする連想配列です。

subject

文字列あるいは文字列の配列で、 検索および置換の対象となる文字列を指定します。

limit

subject 文字列における 各パターンの最大置換回数。デフォルトは -1 (無制限) です。

count

指定した場合は、置換を行った回数がここに格納されます。

返り値

preg_replace_callback_array() は、 subject が配列の場合には配列を、 それ以外の場合は文字列を返します。 エラー時の返り値は NULL となります。

マッチするものが見つかった場合は新しい subject を返し、それ以外の場合はもとの subject をそのまま返します。

例1 preg_replace_callback_array() の例

<?php
$subject 
'Aaaaaa Bbb';

preg_replace_callback_array(
    [
        
'~[a]+~i' => function ($match) {
            echo 
strlen($match[0]), ' matches for "a" found'PHP_EOL;
        },
        
'~[b]+~i' => function ($match) {
            echo 
strlen($match[0]), ' matches for "b" found'PHP_EOL;
        }
    ],
    
$subject
);
?>

上の例の出力は以下となります。

6 matches for "a" found
3 matches for "b" found

参考


PCRE 関数
PHP Manual

プラスアルファレンタルサーバー