その他の関数
PHP Manual

php_check_syntax

(PHP 5 <= 5.0.4)

php_check_syntax 指定したファイルの文法チェック(と実行)を行う

説明

bool php_check_syntax ( string $filename [, string &$error_message ] )

指定したファイル filename に対して文法チェック (lint) を行い、スクリプトにエラーがないかどうかを調べます。

これは コマンドライン から php -l を利用するのと似ていますが、 php_check_syntax() は実際に filename を実行します (結果は出力しません)。

たとえば、もし filename の中で関数が 定義されていた場合に php_check_syntax() はそれを実行しますが、filename の 結果は表示されません。

注意:

技術的な理由により、この関数は廃止され、PHP から削除されました。 かわりに、コマンドライン から php -l somefile.php を利用してください。

パラメータ

filename

調べるファイルの名前。

error_message

error_message パラメータが指定された場合、 文法チェックの際に生成されたエラーメッセージがここに格納されます。 error_message参照で渡されます。

返り値

文法チェックが成功した場合に TRUE 、チェックが失敗したり file_name がオープンできなかった場合に FALSE を返します。

変更履歴

バージョン 説明
5.0.5 この関数は PHP から削除されました。
5.0.3 php_check_syntax() の後に exit() をコールするとセグメンテーションフォールトが発生します。
5.0.1 error_message が参照渡しになりました。

php -l somefile.php

上の例の出力は、 たとえば以下のようになります。

PHP Parse error: unexpected T_STRING in /tmp/somefile.php on line 81

参考


その他の関数
PHP Manual

レンタルサーバー