PostgreSQL 関数
PHP Manual

pg_lo_create

(PHP 4 >= 4.2.0, PHP 5)

pg_lo_createラージオブジェクトを生成する

説明

int pg_lo_create ([ resource $connection [, mixed $object_id ]] )
int pg_lo_create ( mixed $object_id )

pg_lo_create() はラージオブジェクトを 生成し、そのラージオブジェクトの OID を返します。 PostgreSQL アクセスモード INV_READINV_WRITE および INV_ARCHIVE はサポートされません。オブジェクトは 常に読み書き可のアクセス権で生成されます。 INV_ARCHIVE は PostgreSQL 自身からも削除されました (バージョン 6.3 以降)。

ラージオブジェクトインターフェイスは、トランザクションブロックの中で 使用する必要があります。

ラージオブジェクトインターフェイス(アクセス制御もできないし使用が面倒) を使用するかわりに、PostgreSQL の bytea カラム型と pg_escape_bytea() を試してください。

注意:

この関数は、以前は pg_locreate() と呼ばれていました。

パラメータ

connection

PostgreSQL データベース接続リソース。connection が指定されていない場合はデフォルトの接続が使用されます。 デフォルトの接続は、直近の pg_connect() あるいは pg_pconnect() によって作成されたものです。

object_id

object_id が指定されると、 この関数は指定された ID のラージオブジェクトを作成しようとします。 それ以外の場合は、サーバーから割り当てられたオブジェクト ID を使用します。 このパラメータは PHP 5.3 で追加されたもので、 PostgreSQL 8.1 以降の新機能に依存しています。

返り値

ラージオブジェクトの OID を返します。 エラー時には FALSE を返します。

変更履歴

バージョン 説明
5.3.0

オプションの object_id が追加されました。

例1 pg_lo_create() の例

<?php
   $database 
pg_connect("dbname=jacarta");
   
pg_query($database"begin");
   
$oid pg_lo_create($database);
   echo 
"$oid\n";
   
$handle pg_lo_open($database$oid"w");
   echo 
"$handle\n";
   
pg_lo_write($handle"large object data");
   
pg_lo_close($handle);
   
pg_query($database"commit");
?>


PostgreSQL 関数
PHP Manual

レンタルサーバー