PostgreSQL 関数
PHP Manual

pg_fetch_row

(PHP 4, PHP 5, PHP 7)

pg_fetch_row数値添字の配列として行を得る

説明

array pg_fetch_row ( resource $result [, int $row ] )

pg_fetch_row() は、指定した result リソースが指す結果から 1 行分のデータを取得します。

注意: この関数は、 NULL フィールドに PHPの NULL 値を設定します。

パラメータ

result

pg_query(), pg_query_params() あるいは pg_execute() から返される PostgreSQL の クエリ結果リソース。

row

取得する行番号。最初の行は 0 です。省略したり NULL を指定したりした場合は、 次の行を取得します。

返り値

個々の値を文字列として格納した配列を返します。配列の添字は 0 から 始まります。データベースの NULL 値は NULL として返します。

row が結果の行数より大きい場合・行が存在しない場合 、そしてそれ以外のエラーが発生した場合は FALSE を返します。

例1 pg_fetch_row() の例

<?php

$conn 
pg_pconnect("dbname=publisher");
if (!
$conn) {
  echo 
"An error occurred.\n";
  exit;
}

$result pg_query($conn"SELECT author, email FROM authors");
if (!
$result) {
  echo 
"An error occurred.\n";
  exit;
}

while (
$row pg_fetch_row($result)) {
  echo 
"Author: $row[0]  E-mail: $row[1]";
  echo 
"<br />\n";
}
 
?>

参考


PostgreSQL 関数
PHP Manual

プラスアルファレンタルサーバー