PostgreSQL 関数
PHP Manual

pg_fetch_object

(PHP 4, PHP 5, PHP 7)

pg_fetch_object行をオブジェクトとして得る

説明

object pg_fetch_object ( resource $result [, int $row [, int $result_type = PGSQL_ASSOC ]] )
object pg_fetch_object ( resource $result [, int $row [, string $class_name [, array $params ]]] )

pg_fetch_object() は、取得した行のフィールド名に 対応するプロパティを有するオブジェクトを返します。オプションとして、 指定したクラスのコンストラクタにパラメータを渡してインスタンス化する ことも可能です。

注意: この関数は、 NULL フィールドに PHPの NULL 値を設定します。

速度面では、この関数は pg_fetch_array() と同じであり、 pg_fetch_row() とほとんど同じ程度です (違いはわずかです)。

パラメータ

result

pg_query(), pg_query_params() あるいは pg_execute() から返される PostgreSQL の クエリ結果リソース。

row

取得する行番号。最初の行は 0 です。省略したり NULL を指定したりした場合は、 次の行を取得します。

result_type

非推奨で、無視されます。

class_name

インスタンス化し、プロパティを設定して返り値とするクラスの名前。 指定しない場合は stdClass オブジェクトが返されます。

params

class_name オブジェクトのコンストラクタに 渡すオプションの配列。

返り値

結果の各フィールドに対応する属性を持つ object を返します。 データベースの NULL 値は NULL として返します。

row が結果の行数より大きい場合・行が存在しない場合 、そしてそれ以外のエラーが発生した場合は FALSE を返します。

例1 pg_fetch_object() の例

<?php 

$database 
"store";

$db_conn pg_connect("host=localhost port=5432 dbname=$database");
if (!
$db_conn) {
  echo 
"Failed connecting to postgres database $database\n";
  exit;
}

$qu pg_query($db_conn"SELECT * FROM books ORDER BY author");


while (
$data pg_fetch_object($qu)) {
  echo 
$data->author " (";
  echo 
$data->year "): ";
  echo 
$data->title "<br />";
}

pg_free_result($qu);
pg_close($db_conn);

?>

参考


PostgreSQL 関数
PHP Manual

プラスアルファレンタルサーバー