PostgreSQL 関数
PHP Manual

pg_escape_string

(PHP 4 >= 4.2.0, PHP 5)

pg_escape_string クエリに使う文字列をエスケープする

説明

string pg_escape_string ([ resource $connection ], string $data )

pg_escape_string() は、データベースへの問い合わせに使う文字列をエスケープします。 PostgreSQL フォーマットにエスケープされた文字列を、クォートなしの形式で返します。 PostgreSQL に使う SQL パラメータをエスケープするときには pg_escape_literal() を使うほうがよいでしょう。 addslashes() を PostgreSQL で使ってはいけません。 カラム型が bytea の場合は、代わりに pg_escape_bytea() を使わなければなりません。 識別子 (テーブル名やフィールド名など) のエスケープには pg_escape_identifier() を使わなければなりません。

注意:

この関数は、PostgreSQL 7.2 以降が必要です。

パラメータ

connection

PostgreSQL データベース接続リソース。 connection が存在しない場合は、 デフォルトの接続を使用します。デフォルトの接続は、 pg_connect() あるいは pg_pconnect() で直近に作成されたものとなります。

data

エスケープするテキスト文字列。

返り値

エスケープされたデータを文字列で返します。

変更履歴

バージョン 説明
5.2.0 connection が追加されました。

例1 pg_escape_string() の例

<?php 
  
// データベースに接続する
  
$dbconn pg_connect('dbname=foo');
  
  
// テキストファイルを読み込む(アポストロフィやスラッシュが含まれている)
  
$data file_get_contents('letter.txt');
  
  
// テキストデータをエスケープする
  
$escaped pg_escape_string($data);
  
  
// それをデータベースに挿入する
  
pg_query("INSERT INTO correspondence (name, data) VALUES ('My letter', '{$escaped}')");
?>

参考


PostgreSQL 関数
PHP Manual

レンタルサーバー